1泊旅行でメンズバッグの人気の大きさは?ビジネスや出張にも使える軽いタイプがおすすめ。

1泊旅行でメンズバッグの人気の大きさは?ビジネスや出張にも使える軽いタイプがおすすめ。

ちょっとした1泊旅行のバッグって悩みますよね。

家族旅行や、仕事での出張が思い浮かぶのではないでしょうか。

どちらにせよ1泊だけなら荷物もそれほどないと思います。

家族旅行なら両手が使えるリュック、出張ならパソコンを収納できるキャリーバッグって使い分けもいいのですが、どうせなら1つで済ませたいですよね。

今回は1泊旅行のバッグの人気の大きさを紹介していきます。

またビジネスの出張にも使うには軽いタイプが持ち運びも便利なので使い勝手がいいです。

それでは、1泊旅行のバッグについて紹介していきます、

1泊旅行に持っていくバッグの人気の大きさは?

1-night-trip1

1泊旅行のバックには、どのようなタイプがあるのでしょうか。

ボストンバッグ、ショルダーバッグ、キャリーケースなどが思い浮かぶと思います。

ボストンバッグとショルダーバッグは似たような形ですが、一応種類が違います。

ボストンバッグ

ボストンバッグとは、荷物の運搬を目的とし持ち手がついており、主に革や布でできた袋状の服飾雑貨のこと。

またバッグの真ん中にチャックがついていて、その両側に1本ずつ持ち手がついており、合計2本の持ち手を片手でつかんで運ぶタイプのバッグ。

一般的な大きさは、1人で旅行用として使用するには1~3日分くらいの荷物が入ります。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグとは、名前の通り肩掛けの長いひもがついており、主にナイロンやビニールまた皮でできた袋状のバッグです。

また肩掛けの紐もありながら、持ち手がついたタイプもあります。

一般的な大きさは、1人で旅行用として使用するには1~2日分くらいの荷物が入ります。

キャリーケース

キャリーケースとは、主に平たい長方形の硬質プラスチックやビニールまたは布や革で作られています。

片側に取っ手があり、また下部にはタイヤがついており、衣類やその他の旅具を運搬するのに便利なバッグです。

持ち運びにはタイヤを転がして運搬できるため、力が要りません。

大きさは幅広く、1泊用~1週間用まであります。

また重さは、丈夫にできていつので、ショルダーバッグよりは思いです。

以上の3種類が人気のバッグになります。

その中でも手軽に使用できて大きさもちょうど良いのがショルダーバッグになります。

通勤にも兼用できるショルダーバッグの魅力

1-night-trip4

ショルダーバッグは、2通りのかけ方があります。

1つは、肩にかけた紐をそのまま垂直に垂らして、バッグ本体は垂らした側にあるというかけ方。

もう1つは、斜めがけでバッグ本体は紐をかけた肩の反対側の腰側か、または背中に回して利用します。

垂直に垂らして使う場合は、どんどんと肩からずり落ちてしまうこともあるため、特に撫で肩の方は、何度も肩にかけ直さないといけなくなります。

その点、斜めがけの方はすり落ちる心配もなく、安定感があります。

また、両手が自由に使えるように、ショルダーバッグを斜めがけに使った方が便利です。

片方にかけても両手が使えますが、肩からすり落ちたりするもと、バッグ本体が横のあるため邪魔になってしまいます。

さらには肩にかける機能と手で持つ機能を同時に備えているショルダーバッグもあります。

用途によって使いこなすことができます。

【注意点】

ショルダーバッグの紐を斜めがけにして使うと、スーツの肩の部分がくしゃってなってしまいます。

また斜めがけだとネクタイがいつの間にか歪んでいる場合があります。

服装が乱れる前に豆な修正は必要になりますが、それ以上に使いやすいのでおすすめします。

また仕事で使うならどんな服装にも合わせやすいシンプルなデザインの方がいいと思います。

大きさに余裕がありビジネスと兼用しないバッグ

1-night-trip3

旅行バッグのみと割り切り、使用するのであれば、ボストンバッグとキャリーケースになります。

ボストンバッグ

ボストンバッグはショルダーバッグみたいに、肩掛けの紐がついていない場合がほとんどですが、稀についているタイプもあります。

ショルダーバッグよりも大きめで、持ち運びしやすく、コンパクトに収納できるのが特徴です。

ですがデメリットとして、荷物がたくさん入るのでバッグの重さが重くなります。

その重さを手の取ってのみで支えたり、肩紐があるタイプだと肩だけで支える具合になります。

そうなると手や肩に負担がかかってしまいます。

キャリーケース

ショルダーバッグとボストンバッグとは違う形のバッグになり、中の荷物を安全に運ぶことができるバッグです。

特にパソコンなどを運ぶときにはおすすめします。

また下部にタイヤがついているので、女性や年配の方でも軽く持ち運べるメリットがあります。

しかしデメリットもあり、中に荷物が入ってなくてもバッグをコンパクトに収納できない。

そのキャリーケースに規定された荷重以上の荷物を入れて、運搬するとタイヤが破損します。

破損したら運ぶことが出来なくなるため、不便になります。

規定以上の荷物を入れなくても、経年劣化のため破損する場合があります。

自転車で例えるなら、自転車のタイヤがパンクして近くに自転車屋さんがない場合は、そこまで手で押していかないといけなくなります。

タイヤがパンク(破損)すると、結構不便ですよね。

結局どのバッグを選べばいいの?
・仕事と旅行を兼用するのならショルダーバッグ。

・旅行のみの使用目的でショルダーバッグより大きいタイプならボストンバッグ。

・旅行のみの使用目的で持ち運びに便利なタイプならキャリーケース。

人それぞれ使う用途や目的が異なりますので、自分に適したバッグ選びをしてください。


Sponsored Links