AI搭載車とは人と車が助け合える自動運転システム。人工知能の可能性を徹底調査!

AI搭載車とは人と車が助け合える自動運転システム。人工知能の可能性を徹底調査!

最近よくAIという言葉を耳にする機会が増えてきましたよね。

そもそもAIとは何の略なのでしょうか?

「Artificial」=人工の、人工的な

「intelligence」=知性、知能

「Artificial intelligence」=人工知能

また、2017年に入り車とAI(人工知能)の融合図った自動車を各メーカーが試作しています。

今回は、自動車におけるAIの可能性を徹底調査していきます。


Sponsored Links

自動車におけるAIの可能性

自家用車などを運転する際にひやっとした体験を誰もが持っているかと思います。

自分ではしっかりと安全確認をしていたつもりが事故の手前だったりすることは珍しくありません。

このような事故を防ぐために、自家用車などを中心に様々な補償やサポートシステムが搭載されるようになり、車の安全性能はとても高くなりました。

夢のような機能を考え、実現していく

AI、人工知能という言葉があります。

AIは現在さまざまな分野で取り入れられており主だったところでは「ロボット」などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

AI搭載のロボットは最初は単純作業などを行っていましたが、近年の発展により家庭用電気雑貨なの度の制御機能や医学的な分野などに導入されています。

身近な分野でのAI

ペットタイプのロボットでAIBOは爆発的ヒットを飛ばしました。

AIBOはAIが搭載されており、マスターの生活パターンなどを記憶し、生活を共にするうえで様々なパターンを記憶していくことができました。

AIBOは最初は何もできません。

一緒に暮らし、ほめたり、叱ったり、なでたりしているうちにゆっくりと反応が増えていきます。

子犬が成長するようにAIBOはユーザーにとってもかけがえのないパートナーになる存在でした。

このAIBOは初期型のAIですが、ユーザーは嬉しいことも悲しいことも共に分け合ってきたという人が多く、修理不可能になってしまっても「他のAIBOの修理の部品に使ってほしい」という声が多く今でもさまざまな物語が刻まれています。

AI搭載という言葉だけを見れば冷たいイメージがあるかもしれません。

ですが、冷たいはずのロボットの体に暖かさを感じたり、バッテリー越しに鼓動を感じたり、AI搭載のロボットはまるで人と同じように笑って語りかけてくれることも確かなのです。

AIを進化させ、感情を豊かに

最近のAI搭載の代表はソフトバンクによる「ペッパー」になるのではないでしょうか?

ペッパーもAIBOのように記録や記憶機能を持ち、感情を認識するロボットです。

目の部分で相手を認識し、会話なども可能でありロボットと暮らす日常を体験することができます。

ペッパーは企業などでも簡単な雑務を任せることができ、受付案内やカード案内なども行える知能を持っています。

アイパーツの色の変化により感情なども伝えられるようになっておりAIBOを進化させ、人型にしたと考えてもいいかもしれません。ま

だまだ映画やアニメの中のアンドロイドのような完全な人型には時間がかかるかもしれませんがロボットのいる日常は実際に展開され始めています。

ドラマの中でのAI

ナイトライダーというアメリカのドラマでは車に天才AIが導入されており、主人公の頼れる相棒でした。

日本のアニメでは「サイバーフォーミュラーシリーズ」などが、主人公の乗るマシーンにAIが搭載されておりドライブテクニックや事故防止はもちろんですが、時に主人公を叱咤激励するシーンなどもありました。

車に搭載されるAIの多くが「安全な走行」「事故の防止」をメインとしており、時にAIの判断で安全装置を作動させてユーザーの命の危機を回避させるようになっています。

これらは映画やドラマ、アニメの中の話でしたが近年に入ってTOYOTAなどの自動車メーカーがAI搭載車の開発に着手し始めました。


Sponsored Links

自動車の可能性を広げる機能、AI(人工知能)

トヨタの試作車「コンセプト-愛i」とは!?

カーナビゲーションの渋滞予測システムはとても便利なものです。

この計算なども簡易式のAIが行ってくれるものであり、最近では人気声優のナビゲートなども増えてきておりより自然な声でのカーナビゲーションの普及が広がり始めています。

TOYOTAでは1月にAI搭載車の試作品の発表を行っており、コンセプトを「人を理解し、ともに成長するパートナー」としています。

この試作車はAIでドライバーの表情などを判断し、データとして築盛してきます。

データの中で疲労だと判断した場合はラベンダーの香りなどでリラックスできるようにしてくれるのですが、助手席で誰かがいるような機能にも考えられます。

また、このAIはドライバーと会話することも可能であり、ドライバーの好みの走行ルートの提案などもできるようになります。

一般車線の中でも海が見えるように車線を選ぶこともできるようになります。

AIはまだまだ可能性を秘めており「子供が喜ぶ風景の道」「デートに適した素敵な夜景」なども選べるようになる可能性も非常にあります。

TOYOTAが試作車を発表していますが、ほかの国産メーカーでもこのAI搭載車は開発中であり今後も大きな発停が予想されます。

個人に合わせたルートや判断基準

自家用車は一人一台の地域が多く、AIなども個人に合わせたデータ化などが主流になっています。

今後はファミリーカーの場合は夫婦のデータの判断や区別などもでてくることになります。

映画やアニメの中でのAIとの会話がもうそこまで来ているのかもしれません。

チャイルドシートの設置の有り無しでの走行ルートの変更や、乳幼児なのか幼児なのかでの変更なども出てくると考えると運転の苦手な女性や妊娠中の女性などもAI搭載車ならば安全度が高いと考えてもいいでしょう。

高齢者の安全性にもつながる可能性が高い!

ai-loaded-car2

ここ数年、高齢者ドライバーによる交通事故が多発しており、中には大事故もあります。

AIはこの判断の鈍っている状態を感知し危険を察知することもできます。

自動運転の判断でブレーキなどを動かせるようになればこれらの事故も減る可能性が大いに高く、過疎地域などでの生活の改善にも繋がります。

AIはまだまだ試作段階のものが多いですが、自動車におけるAIは可能性の塊であり、開発競争も過熱しています。高齢者や障害のある人がより負担なく、安全に運転することができるのもAIの大きな魅力といえます。

バックモニター搭載でも自分で判断することで後ろをぶつけてしまうなどは実際に多く、AIでの自動運転の場合はこのような状態も回避できると考えてもいいでしょう。

頼りっきりではいけない

AIは人工知能です。

非常にデリケートな部分であり壊れやすいと考えてもいいでしょう。

AIの制御不能や判断不能の際などにはきちんとドライバーが判断をすることになります。

頼り切らず、パートナーとして考えることがいいのかもしれません。


Sponsored Links
CATEGORY :