有機肥料とは?販売価格の比較とメリット・デメリットを調査。

有機肥料とは?販売価格の比較とメリット・デメリットを調査。

ガーデニングをするのに避けては通れないものに「肥料」があります。

肥料の中には、有機肥料と化成肥料入りが存在し、これらは相反する効果になります。

この肥料の性質を理解することにより、ガーデニングの幅が広がることでしょう。

今回は有機肥料にスポットをあて説明し、販売価格やメリット・デメリットも紹介いたします。


Sponsored Links


有機肥料の特徴と種類

an-organic-fertilizer5

まずは有機肥料の肥料の部分を説明します。

肥料とは、植物が育つのに必要な栄養素を補う物質を指します。

特に窒素・リン酸・カリは3大要素といわれ、生育するのに必要不可欠です。

植物は肥料がなくても育ちますが、実った野菜などは中身がスカスカで味も栄養が行き届いてないので物足りません。

また肥料を与えないと養分不足になり、病気や害虫の被害に合いやすくなります。

これにより、肥料は植物にとってはなくてはならないものなのです。

また肥料はたくさん与えれば良いというわけではなく、適度な量が重要になります。

肥料を与え過ぎても生育不良になります。

有機肥料の特徴

有機物(有機資材)を原料とした肥料を指し、主な原料として、「米ぬか」「菜種油粕」「魚粉」「たい肥」「骨粉」「草木灰」などになります。

また最大の特徴は、自然素材100%の肥料であること。

肥料を発酵させることで、養分が分解され有害菌が増殖し、病害が起きるのを防止します。

化成肥料と比べて効果が出るのに時間がかかりますが、植物と同じ土壌にいる微生物や菌類の餌にもなり、環境汚染もなく体に優しくなります。

有機肥料の種類

米ぬか

米ぬかはこちら

漬物等を作るときに使われることもある米ぬかで、植物の成長に必要不可欠なリン酸を多く含んでいます。

有機肥料の中でも低価格で、畑の除草効果もある肥料です。

菜種油粕

菜種油粕はこちら

ナタネ油を絞った後のカスが主要で、チッソ・リン酸・カリ等植物の成長に必要な成分を多く含んでいます。

また土の改良や良い土壌の維持にも使うことができる有機肥料で、液体肥料としても使用できます。

魚粉

魚粉はこちら

廃棄された魚をすり潰して作った魚粉。

チッソ成分を多く含んでおり、栽培している野菜の味を良くする効果があります。

たい肥

たい肥はこちら

家畜(牛や鶏)の糞等を発酵させて作る肥料。

スポンジみたいなで柔らかい土を作り、植物が育ちやすい環境を整える為に役立ちます。

また土壌内の微生物を増やすために効果的な肥料ですが、他の有機肥料に比べると栄養素が少ないという欠点があります。

良い土作りのためだけに使用する肥料にしてもいいでしょう。

骨粉

骨粉はこちら

家畜の骨をくだいて作ったもの。

植物の成長に必要不可欠なリン酸がたくさん含まれており、土の中で時間をかけてゆっくり分解し植物に吸収されます。

牛骨粉問題後は検査が厳しくなったので、人体に影響はありません。

草木灰

草木灰はこちら

草や木を燃やしたリン酸やカリ、石灰を多く含む有機肥料。

植物が育つ環境を整えるのに、草木灰に含まれる石灰成分が酸性の土壌を中和し補助。

草木灰の主な目的としては、土壌改良のため。

※今回、販売価格を比較しやすくするためにAmazonで統一しました。。

使用用途や使用量も異なるため、内容量が一律ではありません。

そのことを踏まえて参考にしていただければと思います。


Sponsored Links


化成肥料とは?

an-organic-fertilizer4

化学的に合成された無機肥料のことを指します。

植物ごとに内容物も違い、効率良く栄養を与えます。

効果の反映が早く、植物が必要としている時期に、最適な肥料を与えることができます。

また農業に携わる方が好んで使用する理由は、栄養価の濃さが調整できるので、生育状況や土壌の状況に応じて施せるため。

有機肥料と化成肥料の3つの違い

原料の違い

有機肥料と化成肥料は作り方が違います。

有機肥料は有機物が主な原料で、肥料ができるまでに少し時間がかかります。

ですが有機肥料は100%自然素材の肥料です。

一方で、化成肥料を作る場合は無機質の原料を化学的に合成して作ります。

簡単に作れるので、現在の主流は化成肥料になっています。

効き方の違い

有機肥料と化成肥料は植物に対する効き目も違います。

有機肥料は土の中でゆっくり時間をかけ微生物に分解されて、植物の栄養になっていくため効果が出始めるのに時間がかかります。

また有機肥料は自然もの100%のため、体に優しい野菜を作れます。

一方で、化成肥料は植物が必要な栄養を化学合成で作り出すため、植物が吸収しやすくなります。

値段の違い

有機肥料と化成肥料では値段も違います。

有機肥料は自然原料を発酵させて作るので、生産するのに時間がかかるため値段が高くなります。

一方で、化成肥料は化学合成で作るので大量生産が可能になり、値段も安くなります。

有機肥料と化成肥料のメリット・デメリット

an-organic-fertilizer6

有機肥料のメリット・デメリット

メリット

・時間をかけてゆっくり生育していくため、肥効きが穏やかで肥焼けしにくい。
・土壌が良くなるため、土が軟らかくなり「通気性」「排水性」「保水性」「保肥性」が向上する。
・微生物が増えてくれる。

デメリット

・効き目が遅いので、速効性の栽培を要する野菜などには不向きである。
・虫が寄り易い。
・異臭がすごい。

化成肥料のメリット・デメリット

メリット

・手軽に肥料3要素を供給できる。
・肥効きが早い。

デメリット

・土を酸性にして、硬くする。
・量が多すぎると肥焼けを起こす
・肥効きが強いので病害虫の被害にあいやすい。。
・微生物を住みにくくする。

有機肥料と化成肥料は相反する性質のため、これらを効果的に使うには混ぜて使うことをおすすめします。

また有機肥料と化成肥料の違いを理解することが、元気な植物や野菜を作るポイントになります。

土壌の状態により混ぜ方もかわるので、楽しみながら土壌改良や作物の栽培を進めてみてください。


Sponsored Links

CATEGORY :