自動運転レベル「SAE基準」とは?日本との違いや今後の展開を調査。

自動運転レベル「SAE基準」とは?日本との違いや今後の展開を調査。

日本でもすでに自動ブレーキを搭載した車が発売されていて、今後自動運転システムがさらに発展して、アクセルやハンドル操作も自動制御する車がぞくぞくと発売されます。

2020年までは自動ブレーキの性能向上に加えて、車線変更などに対応した自動操舵機能の導入が進む予定です。

既に実用化されているACC(先行車追従機能)と組み合わせて、高速道路など限定した場所で、「加速する、曲がる、止まる」の自動化が実現します。

今後、加速的に進むであろう自動運転システムの展開予測を見ていきましょう。


Sponsored Links

自動運転レベル「SAE基準」の日本とアメリカの違いは?

automatic-operation-level7

「加速する、曲がる、止まる」の自動化するレベルは、日本の国土交通省とアメリカの運輸省道路交通安全局の水準で、レベル2に相当する自動運転車になります。

自動運転レベルを定める基準が「SAE基準」として定められています。

車を走行する際に必要な「加速、操舵、制御」をどのレベルで行うかに日本とアメリカで少し違いがありますので、見ていきましょう。

【日本における自動運転車のレベル】

  1. いずれかを自動運転が行う状態。
  2. 複数を自動運転が行う状態。
  3. すべてを自動運転が行い、緊急時のみ運転者が対応する状態。
  4. すべてを自動運転が行い、運転者が全く関与しない状態。
【アメリカにおける自動運転レベル】

  1. いずれかを自動運転が行う状態。
  2. 加速、操舵を自動運転が行い、システムが補助していない部分をドライバーが制御する状態。
  3. すべてを自動運転が行い、システムから手動運転への切り替え要請があった場合はドライバーが対応する状態。
  4. すべてを自動運転が行い、システムから手動運転への切り替え要請があった場合にドライバーが応じられなかったとしても、そのままシステムが運転を続けられる状態です。
  5. あらゆる環境下で、人間のドライバーが出来る以上のことを自動運転で出来る状態で、緊急時においてはドライバーが操作するよりも高度なことが出来る。

アメリカでは自動車や航空機だけではなく、宇宙事業も視野に入れたSAE基準となっているため、日本の基準よりもさらに細かい部分まで設定されています。

自動運転走行中の世界初の死亡事故!

automatic-operation-level8

2016年5月にアメリカの高速道路で、テスラの自動運転モードで走行中トレーラーに突っ込んで、テスラのドライバーが死亡する事故が起きました。

テスラはアメリカの電気自動車メーカー「テスラモーターズ」が製造、販売している車です。

事故の状況は、テスラが自動運転モードで走行していて、前方に横切るように白色のトレーラーが進入してきたが、自動ブレーキが作動しないままトレーラーに潜り込む形で衝突した事故でした。

自動ブレーキが作動しなかった原因として、テスラ社の見解としては「強い日差しがトレーラーの白い車体に反射してドライバーも自動運転もトレーラーの存在に気が付かなかった」としています。

事故が起きた場合の過失責任と自動車保険はどうなるの?

まず日本だけではなく全世界共通で、現在の法律上に自動運転の概念はなく、車は必ず人が運転する事が前提になっています。

現在の法律上では、事故の過失責任は「自動運転システム」の責任には出来ないです。

現在の法律では、自動運転であってもドライバーは運転を放棄せず、事故を起こさないような安全運転をする義務と危険回避の義務があります。

過失責任が自動運転システムではなくドライバーにありますので、自動車保険もドライバーの責任で起こした事故として対処されるでしょう。

自動運転システムに関する法律が変わる可能性は?

自動運転中に起こした事故の過失責任をシステムに負わせることが出来るかが一番のポイントとなるでしょう。

もし自動運転システムに過失責任を負わせるようになると、過失責任が自動車メーカーになります。

自動車メーカーが自動運転車を発売するたびに事故に備えて保険に入る必要あれば、その費用はユーザーの負担となってきます。

そして事故が起きたとき、自動運転だったか手動運転だったかの判別も困難だと思います。

自動運転に対する法整備はこれから先の大きな課題になってくると思われます。


Sponsored Links

これから発売される自動運転システム車!

automatic-operation-level9

2020年ごろには現在導入されているシステムに加え、「車間距離制御」「右左折支援」「合流支援」なども付加される見込みです。

ただいずれも、ドライバーは車のハンドルを握って常に車を制御する必要があります。

今後はこれらのシステムを組み合わせ、特定の環境で「半自動運転」が可能になると思われます。

例えば、高速道路ではドライバーはアクセルもハンドルも操作せずに運転できるようになったり、駐車時にドライバーが車を降りて自動的に駐車させる等のシステムの実用化が進められています。

その後は「自動運転」の最終段階となります。

行き先を入力すればドライバーが操作することなく、目的地に到着する究極のシステムです。

現在、グーグル社など様々な企業が実用化に向けた実験を行っています。

「自動運転」には、カメラやセンサーが大量に必要になるうえ、3次元地図データやインターネット接続、高性能な車載コンピューターなども不可欠になります。

すでにモデル車が作られ実験を重ねていることから、技術的なハードルよりも普及するためのハードルが今後の課題となりそうです。

ユーザーが支払うコストはもちろん、法律の整備、セキュリティーの問題解決など、「完全自動運転」が実用化するまでには、解決しなければいけない問題がたくさんあります。

開発が進められているアメリカでも、実用化されるのは早くても2025年以降になるとみられています。


Sponsored Links
CATEGORY :