ビッグスクーターの免許費用は?一発合格のコツと最短取得期間もあわせて紹介。

ビッグスクーターの免許費用は?一発合格のコツと最短取得期間もあわせて紹介。

季節の変わり目になると、気持ちを切り替え、新しい生活習慣を始めてみたり、活動範囲を広げてアクティブなライフスタイルにしたりといった事を考える方も多いですよね?

特に、乗り物の免許取得は、今までの生活を切り替える上で最良のアクセントになるもの。

今日は、そんな免許の中でも、根強い人気を持つ「ビッグスクーター」の免許取得についてご紹介します。

一時期は爆音と電飾で夜の街を駆け抜ける感じの、ちょっととんがった人達が乗り回しているイメージもあった「ビッグスクーター」ですが、二人乗りも出来て、荷物も詰めて、長距離移動も快適に出来る利便性の高さで、依然として多くの人を魅了しています。

便利なビッグスクーター、「免許とろうかな」と思った人に必要な基礎知識を解説

big-scooter-license2

長距離移動の楽さや二人乗りなど、先程書いたメリットに加えて、「雨に強い(走行・メンテが楽)」、「洗車が楽」等、多くの理由で支持者が多いビッグスクーターですが、いざ乗ってみよう、免許を取ってみようと思うと、色々と知っておくべき事があります。

まず、ビッグスクーターの定義とは何なのでしょう?

日本では主に250cc~650ccクラスのスクーターの事をビッグスクーターと呼んでいます。

そして、ビッグスクーターの運転に必要となる免許の種類ですが、実は、排気量400cc以下と以上で必要な免許が異なるのです。

自分が乗ろうと思っている車両に必要な免許は何か、事前に把握しておく必要がありますね。

具体的には上記の表をご覧になり、ご自分の選ぼうと思う車両と対応する免許がマッチしているのかご確認ください。

一般的には、大抵のビッグスクーターは、400cc以下の車両になりますので、AT限定普通二輪免許の取得が必要になります。

※「ビッグスクーター」と似たような言葉で、「大型スクーター」というものもあります。大型自動二輪のことではなく、125cc超のスクーターを指すのが通例なので注意が必要。

豆知識ですが、特に、250cc以下の車両は車検が無く、高速道路も走行できるバイクとしては、維持費が掛からない魅力があります。

251cc~400ccのバイクでは車検等の維持費が若干高くなります

ビッグスクーターに必要な免許とは?取得費用はいくら

big-scooter-license1

それでは、ビッグスクーターの免許を取ってみましょう!

前述の通り、多くのビッグスクーターは400cc以下の車両になりますので、今回はAT限定普通自動二輪車免許の取得に関してお話します。

上記の表を確認しますと、一発受験と教習所と一発受験の二つの免許取得方法があるのが分かります。

普通自動車免許と比べて、費用・取得日数などの点でハードルが低く取りやすいのがご理解頂けるかと思います。

そして、一般的には、初めてビッグスクーターを乗るために免許を取得する場合は、教習所を利用しての取得が現実的なのですが、最短、最安で免許を取ってやろうという野心的な方に、「一発受験」というチャレンジも選択肢として出てくるのも特徴になるかと思います。


Sponsored Links

コスパ最高、ただし、超難関の「一発受験」を利用した最短合格とは?

big-scooter-license3

「とにかく、安く、早く。」

普通二輪免許を最安の試験料金だけで合格してやろうという猛者の為に、一発受験合格のコツをお伝えします。

そもそも、一発受験、合格とは何か?

一発受験は、依然に一度免許を取得した方が、何らかの形で失効した合格経験者の方が、教習所による講習を経験せずに、ぶっつけ本番で試験場の技能試験に臨み、合格して免許を再取得する時等に使われる受験方法です。

ただ、普通に一度も取得した事が無い人も、受験可能なのです。

当然、こちらの受験方法、難易度はかなり上がります。

平成27年度の受験者に関していえば、合格率は3.3%ともなり、もはや超難関試験です…

これ程難しい普通二輪免許の一発受験ですが、「挑戦してみたい」というチャレンジャーの方に向けて、まず、免許の試験である以上、普通二輪の免許は「絶対安全な運転を実現できる人」に交付されることを理解しましょう。

免許試験は基本的に減点法で行われ、車両への乗車の瞬間から全ての行動が安全基準を満たしているかで判断されます。

ですので、事前に「試験の行われるコースの全容を把握」できており、そのコースにおけるあらゆるチャック項目と原点対象事項を把握し、「事前にその実技を練習しマスターしている状態」で試験に臨まない限り、合格は不可能に近いです。

そして、原点項目を調べていくと分かる事なのですが、免許取得に求められる安全運転は、普通免許と同じく「法規走行」を実直に実現できるかに重点が置かれて判断されることになります。

スラローム、急制動、一本橋というバイクの特性を理解して対応するよう課題は、一見難易度が高いように見えますが、普通二輪免許取得において、相対的には減点数の少ないポイントになります

この様に、上手く合格できれば、これ以上無い程の費用対効果の一発受験ですが、3%程度の合格率がその難易度を示すように、合格までの道のりは非常に険しいです。

よほどの資格取得マニアの方、もしくは恵まれた練習環境をお持ちの方以外は、教習所に通い、通常の受験を行うことをおススメいたします。

最終的に、素直に教習所に最初から通った方が費用は安くなる可能性が高いです…

長距離移動が楽、二人乗り、雨に強い(走行・メンテが楽)、洗車が楽、等、様々なメリットのあるビッグスクーターの世界に向けて、AT限定普通二輪免許を取得を考えてみるのはどうでしょうか?


Sponsored Links
CATEGORY :