車のベルト鳴きの原因と対策。鳴き止めスプレーの効果はいかに?

車のベルト鳴きの原因と対策。鳴き止めスプレーの効果はいかに?

車のベルト鳴きはキュルキュルとかなり大きな音で鳴るので、ドライバーだけでなく周りの人もかなり煩わしかったりします。

そもそもベルト鳴きはどうして発生するのでしょうか?

ここでは、そんなベルト鳴きの原因と対処法について解説して行きたいと思います。

自動車のベルト鳴きが発生するメカニズム

Shotaさん(@shotakatayama)がシェアした投稿

ベルト鳴きの発生原因を考える前に、まずベルトはどういう時に鳴くのか知っておく必要があります。

ベルトはエンジンの各補機類のプーリーに掛かっており、エンジンが始動してクランクプーリが回ることでベルトが駆動します。

そして、この「プーリーに掛かったベルトが滑っている時」にあの煩わしいキュルキュル音は鳴っているのです。

つまり、ベルトが何故滑ってしまっているのかその原因を突き止めないと、ベルト鳴きは止められないということになります。

では早速、ベルトが滑ってベルト鳴きが起きる原因について紹介していきます。

ベルト鳴きの原因

Takedaさん(@s14_takeda)がシェアした投稿

  1. ベルトが劣化している
  2. ベルトの張りが弱い(緩い)
  3. 各プーリーの錆やガタ
  4. ベルトに水分付着(水が掛かる)

1.ベルトが劣化している

エンジンに掛かっているベルトはゴム製で、使用過程において必ず劣化していきますので、ベルトは定期交換部品として指定されています。

ゴムは劣化していくと硬化し、プーリーに対する摩擦係数が小さくなるのでベルトが滑ってしまう原因となります。

よって、ベルトの劣化が原因の場合は「ベルトの交換」を実施しましょう!

ちなみに、ベルトの劣化を見極めるポイントとして、ベルトの山の表面にひび割れが発生してきているという点があります。

しかし、最近のベルトは使用している材質の改善等により寿命も延び、劣化してきてもひび割れがほとんど発生しないものもあります。

ですので、見た目でベルトが劣化しているかの判断が非常に難しくなっています。

そういった場合は走行距離や年数を目安にしてベルトの交換をすると良いでしょう。

交換目安の走行距離は車種によっても異なってきますが、5〜6万km以上交換履歴がない場合に予防整備として交換することをお勧めします。

また、あまり車に乗らない為に走行距離が伸びなくても、5〜7年交換履歴がない場合は交換をお勧めします。

2.ベルトの張りが弱い(緩い)

次にベルトの張りが弱いことも、ベルトが滑りベルトが鳴く原因となります。

ベルトの張力は以下の2通りあります。

  • アジャスターにより任意で調整できるもの
  • オートテンショナーで自動で常に適切な張力に保つもの

また、アジャスタータイプのものの中でも以下の2通りあります。

  • アジャスターボルトまたはナットを締めたり緩めたりして張りを調整するもの
  • バール等で直接、プーリーのついた補機類にテンションを掛けてベルトの張りを調整するもの

よって、これらでベルトの張りを調整すればベルト鳴きが止まる場合もありますが、単純に強くベルトを張れば良いと言う訳ではなく、強く張りすぎたことで補機類に負担を掛け、不具合を起こしてしまう場合もあります。

ですので、ベルトの張りの調整はプロの整備士さんにお任せするのが良いでしょう。

一方で、オートテンショナー式の場合は、任意でのベルトの張り調整はできないために、オートテンショナーの交換による対応となります。

この場合は、オートテンショナーの劣化や内部不良により適切な張りが保てなくなっていることが原因と言えます。

ちなみに、最近の車はオートテンショナー式でベルトが1本掛けのタイプが主流となってきています。

3.各プーリーの錆やガタ

次にベルトが掛かっているプーリーに問題があることで、ベルトが滑りベルト鳴きが発生する場合です。

プーリーの錆は磨けば取れなくはないですが、溝が何本も入っているプーリーの錆を全周に渡って取るのは、かなり根気がいります。

また、プーリーにガタが発生している場合も含めてこれらがベルト鳴きの原因である場合は、発生源のプーリーの交換が1番妥当な対処法と言えるでしょう。

一部、プーリー単体での交換が不可で、補機類ごとの交換となる場合もあるので、車屋さんで確認・点検してもらいましょう。

4.ベルトに水分付着(水が掛かる)

ベルト鳴きが雨が降っている時や、洗車をした後に限って発生したりはしていませんか?

車種によっては、ボディから滴った水がベルトに掛かることで、その水が原因でベルトが滑ってベルト鳴きが発生している場合があります。

エンジンを掛けボンネットを閉じた状態で、ホース等でフロントガラスやボンネットをめがけて水を流し、ベルト鳴きが発生するようであれば間違いないでしょう。

こうした場合は、どういった経路で水が浸入してきているのか断定して、水がベルトに掛からないように、雨どいを自作するなどして対策する必要があります。

また、対策された部品が設定されていることもあるかもしれないので、一度ディーラー等に相談して診断してもらうのが良いでしょう。

カー用品店で購入できる「ベルトの鳴き止めスプレー」の効果とは

気になるベルト鳴きをどうにかお金を掛けずに対処したいと考える方は少なからずいらっしゃるかと思います。

カー用品店などに行くと、数百円程度でベルト鳴き止め用のスプレーが販売されていたりしますが、このスプレーでベルト鳴きが止まれば安いものですよね。

では、こうした商品は本当に効果があるのでしょうか?

まず結論から言うと、一時的にベルト鳴きが止まることはあっても効果は持続しませんし、使用はお勧めしません。

では、何故お勧めできないのか説明しましょう。

そもそも、ベルト鳴きが発生していること自体が既に何らかの部品交換や修理をするサインになっているので、安心・安全に車に乗っていただくのに必要なのはその発生原因を取り除くことなのです。

それを対症療法的に、スプレーの使用で一時的にベルト鳴きだけを止めても根本原因の解決にはならないということです。

既に説明しましたが、ベルトは消耗品のため定期交換部品となっています。

もし、交換を放置し続けると最悪の場合はベルト切れ等が起き、オーバーヒートの原因となることもあります。

ですから、ベルト鳴きという車のサインはそのままにせず、ディーラー等の車屋さんできちんと点検して対応してもらうようにしましょう。

ちなみに、ベルト鳴き止めのスプレーはベルト表面のゴム質の柔軟性を浸透剤で回復する効果がありますが、この浸透剤が切れると再度ベルト鳴きがするのは勿論のこと、ベルトの張り自体が弱い場合などは効果が発揮されないこともあります。

煩わしいベルト鳴きの音ですが、車からの何らかのサインと受け取って、まずはプロの整備士さんにしっかり見てもらうことが、更なるトラブルを未然に防ぐ為にも大切と言えます。


Sponsored Links
CATEGORY :