Clips(クリップス)の使い方ガイド!iPhoneがさらに便利に。 

Clips(クリップス)の使い方ガイド!iPhoneがさらに便利に。 

Appleは3月21日に発表したiPhone7(PRODUCT)REDモデルに加えて、誰でも簡単に複数の写真や動画、音楽などを組み合わせてユニークなビデオを作成できるiOSアプリ「Clips」を、4月よりApp Storeにて配信すると明らかにしました。

Appleはこれまでにも、シンガーソングライター向けに新しい曲のアイデアを記録・整理できる音楽アプリ「Music Memos」、自宅の家電製品をiPhone上で管理できるアプリ「ホーム」など、独自開発のアプリをリリースしてきた経緯があり、今回の「Clips」アプリもそのうちのひとつです。

そこで、今回は「Clips」の機能についてまとめていきたいと思います。


Sponsored Links

Clips(クリップス)の基本的な使い方

ClipsはiOS端末に保存してあるライブラリから動画や写真を選ぶこともできますが、アプリを使って撮影したコンテンツを利用することも可能です。

使い方は、動画撮影時は撮影ボタンを長押しするだけというシンプルな仕様で誰にでも手軽に利用できるのが特徴です。

「Clips」では、フィルターや音楽、字幕、オープニングを入れた動画編集が簡単にできます。

clips-how-to-use3

Clipsでは、ボタンを押しているあいだだけ録画することができ、写真に関しても同様にボタンを押している時間ずっと同じ画が追加されるので、写真を動画として作成できるのがユニークな点です。

その場で動画を撮って追加したい場合は「ビデオ」をタップしてから「長押しで録画」、写真を撮りたい場合は「写真」をタップしてから「シャッターボタン」を押して撮影し、その後「長押しで写真を追加」をタップすると、押しているあいだだけビデオクリップとして追加することができます。

iPhoneに保存してある動画や写真を使うときは「ライブラリ」をタップしてから素材を選択します。

ちなみに、右下にあるカメラボタンをタップするとインカメラ/アウトカメラが切り替わるようになっています。

clips-how-to-use4

ここで注意したいのが、ボタン長押しで追加しているあいだに何か話してしまうとその内容まで追加されてしまうので、音声を追加したくない場合は左下にある「マイク」をタップすれば消音に切り替えることができます。

作成途中、追加した素材の順番を入れ替えたい場合は、画面に下に追加した素材が並んでいるので長押しして掴んだまま動かすと順番を入れ替えることが可能です。

編集作業その1。フィルターを追加する方法

これまで追加したクリップごとにフィルターをかけることができるので、画面下に並んでいるクリップを選択してから作業しましょう。

clips-how-to-use5

フィルターは、画面上にある丸が3つ重なったマークをタップします。

clips-how-to-use6

フィルターは全7種類あり、タップするだけで簡単に各クリップにフィルターをかけることが可能です。

実際にどんな風にフィルターがかかっているのか確認したい場合は、画面の一番左下にある再生ボタンをタップすれば作成したビデオをプレビューしてチェックできます。

編集作業その2。BGMを追加する方法

SNSに投稿する際は音楽の著作権に気を付ける必要がありますが、Clipsにはあらかじめ著作権フリーの素材が収録されているので自由に使うことができます。

clips-how-to-use7

画面右上にある音符マークからBGMを追加できます。

「サウンドトラック」は著作権フリーの素材、「マイミュージック」はiPhoneに保存されている音楽を使用します。

「サウンドトラック」では、「ポップ」「お遊び」「チル」「センチメンタル」「レトロ」「アクション」「ホリデー&イベント」など、たくさんのBGMが収録されており、使用する場合はまずダウンロードしてからクリックに追加します。

追加後にプレビューで確認できるので、問題なければ右上の「完了」をタップするとBGMが追加されます。

編集作業その3。字幕を追加する方法

clips-how-to-use8

画面上部にあるフィルター左のボタンから字幕を追加できます。

字幕は全7種類あり、パターンを選択して映画やテレビ番組のように字幕を入れることができます。

clips-how-to-use9

おそらくClipsで一番の注目機能がこの字幕で、なんとしゃべった内容がリアルタイムにテキスト変換されて字幕としてクリップに追加されます。

なお変換間違いがあって直したい場合は、プレビュー時に一時停止してから画面のテキスト部分をタップすると修正できるようになっています。

編集作業その4。スタンプを追加する方法

clips-how-to-use10

画面上部から星マークをタップして追加します。

テキストや時刻、絵文字などから好きなスタンプを選択してクリップに追加することができ、テキストは好きな文言に変更することが可能です。

編集作業その5。オープニングを追加する方法

clips-how-to-use11

オープニングは星マークの右にある「T」ボタンをタップします。

全画面表示のアニメーションとなっていて、全12種類から選択できるうえ、テキスト箇所はタップして変更できます。

作成したビデオを共有する方法

まず画面右下にある「完了」をタップします。

次に、同じ場所にある「共有」ボタンをタップすると共有先の選択画面が表示されるので、あとはFacebookやメールなどをタップして共有する流れになります。

「ビデオを保存」をタップすればiPhoneに保存できます。

Clipsは正方形を基本としているため、撮影から編集まで片手で簡単に作業できるのが特徴です。

ライブタイトルとは

「ライブタイトル」という機能を使うと、撮影中にマイクに向けて話すと音声がアニメーション化されたキャプションやタイトルを追加できるようになっています。

この機能は日本語を含む36言語をサポートするとしており、さらに文字やエフェクト、グラフィックスなどを加えてオリジナルでユニークなビデオが作成できます。

そしてアニメーション付きの背景やカスタマイズ可能なテキストをつけたフルスクリーンのポスターを追加することもできる上、Clipsには多彩な音楽サウンドトラックも用意され、音楽を選択するとビデオの長さに合わせて自動的に調整される機能も搭載されています。


Sponsored Links

1つの映像を複数人と共有できる機能

clips-how-to-use2

Clipsはビデオに映っている人を認識して、映っている人たちをビデオ共有のオススメとして提案、そして表示された名前をタップするだけでTwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったSNSを使ってその人にビデオを送信できます。

なおシェアする際は、ビデオに映っている人物やこれまでシェアした回数の多さに基づいて共有先の候補が表示されるようになっています。

アプリの動作環境はiOS10.3以上を搭載した端末が条件で、具体的にはiPhone7シリーズ、iPhoneSE、iPhone6sシリーズ、iPhone6シリーズ、iPhone5s、iPad、iPad Proシリーズ、iPad Airシリーズ、iPad mini 2/3/4、iPod touch (第6世代)となっています。


Sponsored Links
CATEGORY :