名探偵コナン迷宮の十字路のあらすじ(ネタバレあり)を公開。結末が切なすぎる。

名探偵コナン迷宮の十字路のあらすじ(ネタバレあり)を公開。結末が切なすぎる。

「真実はいつも一つ!」

原作漫画やアニメでも絶大な人気を誇る、名探偵コナンシリーズ。

その第7作目の映画「名探偵コナン 迷宮の十字路」は、2003年4月19日に劇場公開された作品です。

劇場版シリーズの中でも特に人気の高いこの作品は、主人公・江戸川コナンのライバルであり親友の服部平次が活躍するストーリーとしても有名です。

京都を舞台に連続殺人事件の犯人、そして盗まれた仏像の在り処を求めて奮闘する二人。

コナン達が暴く真実とは一体何か。

このストーリーの見どころも含めネタバレありでご紹介していきます。


Sponsored Links

迷宮の十字路のあらすじをネタバレありで結末まで一挙公開!

riiさん(@riin_nam)がシェアした投稿

殺人事件の謎、そして謎の暗号・・・

物語は、東京・大阪・京都でおきた連続殺人事件の発生から始まります。

警察では合同捜査本部が設置され、捜査により被害者の5人は皆「源氏蛍」と呼ばれる古美術品専門の窃盗団メンバーであることが判明します。

犯人は翁の能面を被り、現場からは義経記が持ち去られていたことから同一犯によるものの犯行だと断定されます。

この事件に興味を持ち、自ら動き出したのは高校生探偵・服部平次でした。

コナンの良きライバルであり「西の服部、東の工藤」と並び称されるほど。

平次は幼い頃に京都のお寺で出会った手毬唄を口ずさむ少女に一目惚れし、その際に拾った小さな水晶玉を今でも大切にしています。

初恋の相手が京都にいることを知っている幼なじみの和葉は気が気ではありませんでした。

その頃、探偵である毛利小五郎は京都の山能寺から依頼を受けていました。

山能寺というお寺では12年に1度、貴重な仏像が公開されます。

しかしその大切な仏像が8年前に何者かによって盗まれていたというのです。

その秘仏の公開日が間近に迫っていた山能寺には謎の暗号が書かれた手紙が届いたといい、その暗号を解き明かしてほしいという依頼内容でした。

京都に訪れたのは小五郎をはじめコナンと娘の蘭、その友達の園子でした。

蘭と園子は、和葉と京都観光の約束をしているといいコナンとは別行動。

山能寺で秘仏を盗んだのは「源氏蛍」であると推理したコナンは、義経や弁慶に関係のある五条大橋へと向かいました。

連続殺人事件の犯人を突き止めようと、同じく京都を訪れていた平次に偶然出会うことになります。

義経や弁慶に関係のある場所を調べたいというコナンでしたが、土地勘がなかった為に京都に詳しい平次が街を案内するといいい、二人は互いの捜査を協力し合うことになるのです。

二人が捜査中、平次はヘルメットをかぶったライダースーツの男に弓矢によって命を狙われてしまいます。

コナンの機転によって回避し、バイクで逃走を図る犯人を追い詰める二人でしたがあと一歩のところで取り逃がしてしまうのです。

「源氏蛍」のメンバーを殺した犯人だと睨むコナンと平次。

しかしなぜ平次が狙われてしまったのか・・・。

深まる謎 さらに事件発生!

その夜、京都観光をしていた蘭たち3人と合流しお茶屋に招待されていた小五郎の様子を見に行くことに。

しかしそのお茶屋でまたもや「源氏蛍」の一員であった男が殺害されるという事件が起こってしまうのです。

連続殺人事件の犯人が京都にいることを確信するコナンと平次。

殺された男の自宅には山能寺に贈られてきた謎の暗号の紙のコピーがありました。

謎が深まる中、和葉を大阪に送ろうとバイクを走らせる平次のもとに昼間平次の命を狙った犯人がまた現れます。

危機一髪のところで和葉に助けられ、怪我はしたものの命は助かった平次でした。

その後コナンと平次は名推理によって徐々に真相に迫っていきます。

そんなとき、平次のもとへ和葉を誘拐したという犯人から電話が入ったのです。

返してほしければ一人で鞍馬山に来いと要求される平次でしたが、以前犯人にやられた傷が痛み倒れてしまいます。

迫りくる犯人の正体とは?

和葉が人質にとられた鞍馬山には翁の能面をつけた人物とその部下たちの姿がありました。

なぜだか帽子を深々と被り助けに現れた平次。

これまでの事件の真相から殺人事件の犯人の正体を明らかにします。

犯人である能面の男の正体は、お茶屋で知り合った西条大河だったのです。

何やら「源氏蛍」の首領・源義経が死期を悟り、隠した秘仏を一番先に見つけたものを次の義経にすると言ったことから、西条は他のメンバーの殺害を企てたようでした。

推理は的中、盗まれた秘仏はこの鞍馬山にあると西条に伝え和葉を解放してもらうのですが、刀を平次へとむけ西条が襲いかかってきたのです。

刀の勢いで深々と被っていた帽子が宙に舞います。

なんと驚くことにその帽子を被って立っていたのは平次ではなく、蝶ネクタイで声を変えていた工藤新一だったのです。

平次が動けない状態だと知ったコナンが灰原に連絡をし、一時的に元の体に戻れるよう薬を頼んでいたのです。

そして平次の代わりに、人質にとられた和葉の救出にやってきたのでした。

しかしその薬には副作用があり、新一の体はひどい風邪をひいているような状態。

体が思うように動きません。

西条の手下たちに追い詰められる新一と和葉。

絶体絶命かと思った瞬間。

なんとそこへ能面の男の手下として紛れ込み平次が助けにきていたのです。

すでに薬の効果も限界を迎えていた新一。

平次は和葉にこの事実を隠す為にも、元の姿に戻ったら必ず帰ってこいと新一を逃がし、その間一人で戦うことを決めます。

手下たちに追われる新一でしたが、逃げる最中にコナン達を探していた蘭と森の中で遭遇してしまうのです。

やっと会えたことを喜ぶ蘭でしたが、すでに新一の体は限界を迎えていました。

体が小さくなってしまう事実を知られたくなかった新一は麻酔針で蘭を眠らせます。

束の間の再会でしたが、新一に会えた蘭の喜びを切なく思う新一でした。

その頃、鞍馬山では平次が能面の男の手下たちと必死に戦っていました。

蘭に気づかれることなくコナンの体に戻り、無事に鞍馬山へ帰ってきたコナンの機転により警察に知らせることに成功。

駆けつけた警察に西条と手下たちは逮捕され事件は一件落着したのでした。

探していた平次の初恋相手とは?

その後、こっそりと秘仏を山能寺に戻すコナンと平次。

さらに平次が大切に持っていた小さな水晶玉は、この仏像の白毫だったことも判明していました。

秘仏を隠す際に、取れて落ちてしまったところを当時幼かった平次がやってきて偶然拾ってしまったものだったのです。

平次がずっと狙われていた理由はそのせいでした。

事件が解決しみんなで京都駅を出発しようとしていた時、和葉が手毬唄を口ずさみます。

それは本来の歌詞とは少し違い、平次が幼い頃に聞いた初恋の少女が唄う手毬唄と同じ歌詞。

平次がずっと逢いたがっていた初恋の少女とは、化粧をして着物を着せてもらっていた幼なじみの和葉だったのです。

それを見ていた蘭は、新一に会った昨夜のことを夢だったのではないかと思い始めます。

とっさに自分の持っていた缶ジュースをこぼすコナン。

ジュースがこぼれたコナンの服を拭こうと蘭はポケットからハンカチを取り出した時、新一と出会った時と同じハンカチを持っていたことで、夢ではなかったと確信するのです。

喜びとともに、蘭はまたいつかどこかで新一に出逢えることを心待ちにしているようでした。


Sponsored Links

ロケ地は実在する京都だった!

crossroads-of-labyrinth1

舞台は京都。

小五郎に依頼をした山能寺や、物語の終盤で登場した玉龍寺は架空の場所とされていますが、コナンや蘭たちが訪れていた清水寺や京都タワーなど実在する場所が数多く描かれています。

そのほかにも公園や駅舎・神社などは非常に細かく再現されており、本編では登場しませんが映画のポスターの背景には京都に実在する貴船神社が描かれています。

京都に詳しい人や訪れたことのある人にはとても身近に感じる作品ではないでしょうか。

そして、コナンのライバルである服部平次が活躍する物語としても貴重な作品です。

剣道が特技の平次が犯人相手に見事な剣術を披露するあたりは見応えありです。

現在までの作品の中で、平次がコナンとともにメインを務める作品はこの他に第10作目の「探偵たちの鎮魂歌」のみとなっています。

コナンシリーズ情報!

名探偵コナン劇場版の新たなストーリー「から紅の恋歌」が2017年4月15日に公開予定です。

公開前の情報では、新たなこの作品でも再びコナンと平次の最強タッグが名推理をみせてくれそうな予感。

最新作にも期待してしまいますね!

そして映画の公開に先駆けて、中でも特に人気の高い今作品「迷宮の十字路」が、2017年4月7日に金曜ロードショーとして再び登場予定です。

翌週14日にはテレビ初登場となるシリーズ第20作目「純黒の悪夢」の放送が予定されています。

なんと2週連続の「コナン祭り」が開催されるのです。

コナンシリーズ大ファンの人はもちろんですが、まだ見たことのない人は是非この機会に「見た目は子供、頭脳派大人」のコナンの名推理を楽しんでみて下さいね!

CATEGORY :