「時代の進化に送れるな!」 2017年最新【年賀状】事情!

マイルの賢い貯め方は、カードで決まっていた。選び方のコツを徹底解説。

マイルの賢い貯め方は、カードで決まっていた。選び方のコツを徹底解説。

飛行機に搭乗したことがあるあなたは、マイルという言葉を聞いたことがあると思います。

空港を利用したときに、各航空会社のスタッフが、「○○カード作りませんか?マイルが貯まりますよ」と勧誘してきたりします。

マイルって何だろう?と思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

マイルについて一言でいうと、ポイントサービスみたいなものと認識してください。

ほとんど飛行機を利用する機会がない方は、マイルを貯める必要がないと思います。

しかし、たまにしか乗らない人でも、無料で飛行機が乗ることができたり、クラスをエコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードできたら嬉しいですね。

実は、飛行機に乗る以外にもマイルを溜まる方法があります。

また、マイルを貯める元のクレジットカード次第で、賢く貯められるかどうかが決まってしまいます。

今回は、賢くマイルを貯めるためのクレジットカードの選び方について解説します。


Sponsored Links

どうやったら賢くマイルを貯めることができるのか?

earn-miles1

これから新しくマイルを貯めていくのなら、無駄がないように確実に貯めていくことが大切です。

そこで、賢くマイルを貯める方法を2つ教えます。

マイレージプログラムがある航空会社の飛行機に乗る。

格安の航空会社(LCC)を除く航空会社は、独自のマイレージプログラムを持っています。

マイレージプログラムとは、該当の航空会社の飛行機を利用する顧客を優遇する囲い込み戦略です。

航空会社にとってメリットが大きいですが、顧客もマイレージプログラムに加入することでマイルが貯まりやすくなるメリットがあります。

マイレージプログラムは、航空会社によってそれぞれ特徴があります。

どこのマイレージプログラムでマイルを貯めていくのかがすごく重要なポイントです。

その航空会社のマイルが貯まりやすいクレジットカードで買い物する。

マイレージプログラムに参加した航空会社のマイルが貯まりやすいクレジットカードで買い物をします。

飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができるので、飛行機を頻回に乗らない人でもマイルを貯めるチャンスがあります。

普段の買い物でメインカードとして使用されるとマイルが貯まりやすいです。

実際にどのマイレージプログラムを選べばいいのか教えます!!

earn-miles2

国内旅行が目的なのか?海外旅行が目的か?あなたの飛行機の利用目的によってどのマイレージプログラムにするのか選択が変わります。

目的に合わせた選択肢をいくつか出していきます。

【国内旅行に限定する場合】

  • ANAマイレージプログラム
  • JALマイレージバンク

国内での利用を考えてマイルを貯める場合には、上記の二つがオススメです。

理由は、実際に国内線の主力の航空会社ということでわかりやすく、便数も多くマイルが貯めやすいからです。

【国内と海外の両方で利用したい場合】

  • ANAマイレージプログラム

国内海外の両方でご利用を考えているのであれば、ANAマイレージプログラムがオススメです。

なぜJALマイレージバンクではなく、ANAマイレージプログラムを選んだのかというと、ANAはマイルが貯まりやすい条件が多いからです。

ANAマイレージプログラムには、スターアライアンスという世界の航空会社27社が加盟する世界最大級のエアラインネットワークがあります。

これは、スターアライアンス加盟航空会社の飛行機を利用した際にマイル数やポイント数も加算されるのでマイルを無駄なく集約して貯めることができます。

また、ゴールドステータスに到達した場合には、世界中どこにいても特典を受けることができます。

世界中のあらゆるフライトで、各加盟航空会社独自のサービスを受けられ、さらなるマイレージ獲得にもつながります。

【海外のみに限定して利用する場合】

  • ANAマイレージプログラム
  • アドバンテージ(アメリカン航空)
  • スカイマイル(デルタ航空)
  • マイレージプラス(ユナイテッド航空)
  • エグゼクティブクラブ(ブリティッシュエアウェイズ)

ANAマイレージプログラムでは、海外でも日本人にとって使いやすいことには間違いないです。

しかし、マイルの有効期限が3年しかないことがデメリットです。

年間に数回未満の使用で、かつ海外に限定して使うのであれば、ANAマイレージプログラムはオススメしません。

一方で、アドバンテージ(アメリカン航空)、スカイマイル(デルタ航空)、マイレージプラス(ユナイテッド航空)、エグゼクティブクラブ(ブリティッシュエアウェイズ)といった海外のマイレージプログラムは、マイルの有効期限が無制限なので、マイルをじっくりと貯めていきたいかたはこの中から選ぶといいです。

【総合的に評価して一番のオススメのマイレージプログラムは】

国内、海外問わず使いやすく、マイルも貯まりやすいことを考えると、ANAマイレージプログラムが一番のオススメになります。

後ほど、ハピタスというポイントサービスの話しもしますが、ハピタスのポイントサービスからANAマイルを貯めることができるので、そういった意味でもANAマイレージプログラムに参加することが一番の賢い貯め方だと思います。


Sponsored Links

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードはどれか?

earn-miles3

ANAマイルを貯めていくと決めた場合に、実際にどのクレジットカードを選べばいいのかを教えます。

高還元率でANAマイルを貯めていくために絶対に必要なクレジットカードは、ソラチカカードエクストリームカードです。

ソラチカカードは、ANAの飛行機に搭乗する際に利用するとANAマイルが貯まります。

また、クレジットカードとして通常の買い物をすると、JCBのOki Dokiポイントが貯まります。

さらに、東京で東京メトロ線を利用するとメトロポイントが貯まります。

貯まったOki Dokiポイントやメトロポイントは、全てANAマイルに交換することができるので無駄がなくマイルを貯めることができます。

また、ハピタスというポイントサービスで稼いだポイントを、メトロポイントに変換し、メトロポイントをソラチカカードでANAマイルに変換することも可能です。

もう一つのエクストリームカードは、ソラチカカードよりもポイント還元率が大きいですが、ANAマイルに変換するまでに何度もポイント変換が必要になるので手間がかかります。

エクストリームカードをメインで使い、ソラチカカードをメトロポイントの変換に使う形が一番ANAマイルが貯まります。

そこまで手間をかけたくないのであれば、ソラチカカード一枚に集約してもいいと思います。

マイルを賢く貯めて、楽しい旅行を計画しましょう!!


Sponsored Links
CATEGORY :