iPhone機種変更時のデータ移行のやり方。「バックアップから復元まで」完全ガイド!

iPhoneを機種変更した際、買い替えた新しい端末でも今までどおり使うにはデータを移行する必要があります。

事前に準備をしておくことでスムーズにデータを移行することができるので、やり方がわからないと言う人に向けて、今回はデータを移行する際に必要となる「バックアップのやり方」「データの復元方法」についてご紹介します。


Sponsored Links

データ移行のやり方

iphone-model-change1

データを移行するには、おもに以下の3つの方法があります。

  1. iTunesを使ってデータを移行する。
  2. iCloudを使ってデータを移行する。
  3. アプリ「Move to iOS」を使ってデータを移行する。

1.iTunesを使ってデータを移行する。

パソコンがある場合、アップルが提供しているソフト「iTunes」を使うことでスムーズなデータ移行が可能になります。

「iTunes」はWindowsとMacのどちらでも利用できます。

2.iCloudを使ってデータを移行する。

アップルが提供しているクラウドサービス「iCloud」でもデータ移行が可能になりますが、この場合、「ネットワーク環境」「iCloudの契約プラン」など、いくつか条件がある点には注意が必要です。

3.アプリ「Move to iOS」を使ってデータを移行する。

Android端末からiPhoneへ機種変更する際、アップル公式の「Move to iOS」という専用アプリを利用することでスムーズにデータ移行することができます。

これら3つの方法を活用することで、データのバックアップから復元、そして移行までを円滑に行なうことができます。

データのバックアップと復元方法について。

iphone-model-change2

まず「iTunes」を使ったデータのバックアップ・復元方法についてご紹介します。

パソコンがある場合は、「iTunes」を利用した方法が手軽にデータの移行が行なえるのでオススメです。

なお「iTunes」ソフトは、アップルの公式サイトから無料でダウンロードできます。

バックアップ手順

1.「iTunes」を起動し、パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続します。

2.接続すると画面上部にiPhoneの端末アイコンが表示されるので、これをクリックしてiPhoneの概要画面を表示します。

3.iPhoneの概要画面にある「バックアップ」に関する項目で、「自動バックアップ」の箇所で「このコンピュータ」をクリックし、さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

4.「iPhoneバックアップを暗号化」にチェックを入れるとパスワードの設定画面が表示されるので、任意のパスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。

※ここで設定したパスワードは、データの復元時に必要になるので絶対に忘れないようにしましょう。

5.ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック入れずにそのまま「今すぐバックアップ」をクリックすればOKです。

6.バックアップが正常に終了したか確認するために、iTunesの「環境設定」→「デバイス」の順にすすみ、ここでデバイス名とバックアップを作成した日時が表示されていれば問題ありません。

iTunesからバックアップデータを復元する方法。

iTunesからデータ復元

  1. iTunesを起動した状態で、機種変更した新しいiPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続します。
  2. 「新しいiPhoneへようこそ」と表示され、「このバックアップから復元」をクリックしてあらかじめバックアップしておいたデータを選択し「続ける」をクリックします。
  3. パスワードの入力を求められたら、先ほどバックアップする際に設定したパスワードをここで入力し「OK」をクリックします。

※復元が終わるまでケーブルは抜かないようにしましょう。

「iCloud」を使ったデータの移行方法。

パソコンがない場合は「iCloud」を使ってデータの移行(バックアップ)・復元が可能です。

ただし、事前準備としてWi-Fiネットワークに接続し、バックアップするデータ容量にあわせたiCloudの有料プラン(5GBは無料)を契約しておく必要があります。

iCloudでの移行方法

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. iPhoneで「設定」→「iCloud」の順にタップします。
  3. 画面下にスクロールして「バックアップ」をタップし、「iCloudバックアップ」をオンに切り替えます。
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップが開始されます。

※たとえばiPhoneのデータ容量が30GBあった場合、iCloudの無料プラン(5GB)では足りないため、50GBプラン(月額130円)を契約しておく必要があります。

バックアップが終わったか確認するには、「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」の順にタップし、該当するデバイスを選択します。

バックアップが正しく終わっていれば、詳細画面に時刻とバックアップサイズが表示されているはずです。

iCloudからバックアップデータを復元する方法。

iCloudからデータ復元

  1. iPhoneで「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」を開き、iOSの新しいバージョンが利用できる場合は画面上の指示に従ってダウンロード・インストールします。
  2. 「設定」→「iCloud」→「ストレージ」→「ストレージを管理」の順に進み、「バックアップ」の下に一覧表示されているデバイスをタップして、最新のバックアップの日時とサイズを確認します。
  3. 「設定」→「一般」→「リセット」を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。※ここでパスコードの入力を求められた場合は、画面ロックを解除する際に使用しているパスコードを入力します。
  4. Apple IDのパスワードを入力し「消去」をタップすると、iPhoneが初期化されます。
  5. 初期化が終わったら画面の指示に従って進み、Wi-Fiに接続します。
  6. 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」をタップしたあと、iCloudにログインします。
  7. 「バックアップを選択」を開いて、復元したいバックアップデータを選択します。

Sponsored Links

Android端末からiPhoneに機種変更しても大丈夫。「Move to iOS」を使ってデータを移行する方法。

iphone-model-change3

この方法では、Android端末にある連絡先やメッセージ(SMS)、写真・動画、ブラウザのブックマーク、カレンダーなどのデータを移行することができます。

事前に、「Android端末でWi-Fiが有効になっていること」「新しいiPhoneとAndroid端末は電源に接続されていること」「移行するコンテンツの容量が、Android端末の外付けのSDカードに入っているものも含めて新しいiPhoneに収まるか確認しておくこと」といった確認が必要です。

Move to iOSでのデータ移行

  1. Android端末で「Move to iOS」を起動して画面の指示に従って進み、「コードを検索」の画面を表示する。
  2. iPhoneでは、一番はじめの初期設定プロセスで「Appとデータ」という項目まで進み、「Androidからデータを移行」をタップします。
  3. さらに「Androidから移行」の画面まで進むと、10ケタのコードが表示されます。
  4. Android端末に戻り、「次へ」をタップするとコードの入力画面が表示されるので、ここで先ほどiPhoneに表示されている10ケタの数字を入力します。
  5. 移行したいデータを選択し「次へ」をタップするとデータ移行が開始されます。
  6. データ移行が終わり、iPhoneで「iPhoneの設定を続ける」をタップして初期設定を完了させると終了となります。

iPhone機種変更時のデータ移行のやり方で、「バックアップや復元方法」、またよくあるパターンのAndroid端末からiPhoneにする際のデータ移行の仕方も紹介しましたので参考にしてください。


Sponsored Links
CATEGORY :