iPhone画面割れの修理の値段は?Apple・その他のキャリアのサービス内容まとめ。

iPhone画面割れの修理の値段は?Apple・その他のキャリアのサービス内容まとめ。

不慮の事故は突然やってくるものです。

iPhoneをポケットやバッグから出すときなど、片手で操作しているときにちょっとしたはずみでiPhoneを落として画面が割れてしまったという経験はないでしょうか?

毎年iPhoneの画面強度は上がっているものの、高いところから落としたりiPhoneの当たりどころが悪かったりすると破損してしまいます。

今回は、iPhoneの画面修理にかかる料金や、Apple・その他のキャリアのサービス内容をまとめました。


Sponsored Links

iPhoneの画面修理はどこでできる?

iphone-repair2

iPhoneの修理は、アップストアもしくは自分が購入した各キャリアのショップから申し込むことができます。

まず、Appleのサービス内容についてご紹介します。

iPhoneはApple直営店(アップルストア)以外に、正規サービスプロバイダなどでも修理することができ、詳しい場所に関してはAppleのサイトにアクセスして修理窓口を検索することで確認できます。

近い修理窓口を見つけたらそのまま予約することもできますが、修理拠点数が限られているため、1週間後など予約待ちになることもあります。

また、「配送修理サービス(ピックアップデリバリー)」を利用することで、近くに修理窓口がなくてもiPhoneの修理が可能です。

修理を申し込む際は、iPhoneのシリアル番号やIMEI、MEIDなどを入力して配送手続きを済ませるだけで、宅配業者がiPhoneを自宅まで受け取りにきてAppleの修理拠点まで配送し、さらに修理が完了したら自宅に届けてくれます。

気になる修理にかかる日数については、Apple直営店に持ち込んだ場合は可能な限りその場で修理を完了して受け取ることができるとされていますが、修理の内容によってはAppleリペアセンターに送る必要があり、その場合は1週間ほどかかります。

配送修理の場合、通常1週間ほどかかりますが、別途「AppleCare+」に加入していればエクスプレス交換サービスを利用することができ、その場で新品または新品同様のiPhoneと交換することが可能です。

ドコモのサービス内容について

ドコモは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」というサービスを提供しており、1年間に2回まで水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障について補償しています。

ただし、ケータイ補償サービス for iPhone & iPadへの加入は、iPhoneを購入した日を含めて14日以内に申し込む必要があるうえ、ドコモまたはドコモの販売店以外の人から譲渡・貸与、取得された端末は対象外となります。

修理の申し込みは、「ケータイ補償お届けサービスセンター」へ電話・ウェブまたはドコモショップから申し込むことができ、画面修理の申し込みから1日〜2日以内に交換電話機(リフレッシュ品)が届きます。

auのサービス内容について

auでは「auスマートパス」に加入かつ所定の条件に該当する場合は、お見舞金として最大10,000円まで修理代金をサポートしてくれます。

iPhone購入から継続して「auスマートパスプレミアム/auスマートパス」に加入している人が対象で、事前申し込みは不要となっており、2年間に2回までサポートを受けることが可能です。

なお、自然故障や故意または重大な過失による場合は適用対象外となっています。

修理申し込みは、アップルストア・Apple正規サービスプロバイダまたは、auショップからでき、エクスプレス交換サービスでは申し込みから2〜3日で到着、各店頭への持ち込み修理では数時間程度、配送修理では端末を預かってから5〜7日間で修理完了となります。

ソフトバンクのサービス内容について

ソフトバンクでは、「あんしん保証パック(i)プラス」加入者を対象に、保証期間が過ぎた場合の修理代金の80%以上を、月々の利用料金から割り引いたり、新品同様の交換機を1〜2日で届けたりするといったサービスを提供しています。

申し込みは、アップルストアやソフトバンクショップへの持ち込み修理、オンラインまたは電話から依頼できるAppleの「ピックアップ&デリバリーサービス」が利用できます。

修理の値段はいくらかかるのか?

iphone-repair3

修理にかかる料金についてご紹介します。

Appleで修理申し込みをする場合

Appleで修理申し込みをする場合、あらかじめ「AppleCare+」(14,800円)に加入していれば、画面修理に関しては1回につき3,400円、そのほかの損傷は1回につき11,800円のサービス料で最大2回まで受けることができます。

AppleCare+未加入の場合は、iPhone7 Plus/iPhone6s Plus/iPhone6 Plusが14,800円、iPhone7/iPhone6s/iPhone6/iPhone SE/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5が12,800円となっています。

ドコモで修理申し込みをする場合

ドコモは、まず「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入しておく必要があり、料金については、iPhone7/iPhone7 Plus/iPhone6s/iPhone6s Plusは月額750円、さらにサービス利用料金として1年間に2回まで11,000円で利用することができます。

また、iPhone SE/iPhone6/iPhone6 Plus/iPhone5sは月額600円、1年間に2回まで7,500円で利用でき、iPhone5cは月額500円、1年間に2回まで7,500円で利用できます。

auで修理申し込みをする場合

auは、「auスマートパスプレミアム/auスマートパス」(月額372円/499円)加入者を対象に、最大10,000円×2回修理代金をサポートします。

たとえば、iPhone6s/iPhone6s Plusは最大10,000円×2回、iPhone SE/iPhone6/iPhone6 Plus/iPhone5s/iPhone5cは最大7,800円×2回、iPhone5/iPhone4Sは最大4,400円×2回となっています。

このほか、Appleが提供する「AppleCare+」の加入も受け付けており、これに加入することで先ほど説明したAppleの提示する修理料金(1回3,400円、最大2回まで)で申し込むことが可能になります。

ソフトバンクで修理申し込みをする場合

ソフトバンクは、iPhoneに対応した「あんしん保証パック(i)プラス」(月額650円)加入を条件に、通常の修理代金の80%以上を月々の利用料金から割引します。

具体的には、iPhone7/iPhone5の負担額は2,400円、iPhone7 Plus/iPhone6/iPhone6 Plus/iPhone4は2,700円、iPhone6s/iPhone4sは3.600円、iPhone6s Plusは4,200円、iPhone SE/iPhone5s/iPhone5cは3,000円かかります。


Sponsored Links

各補償サービスに加入していても無料にはならない

iphone-repair4

iPhoneの修理で最も多いと思われるのが、液晶画面の破損です。

毎年、画面の強度が高まっているものの、アスファルトの道路などに落としてしまうと高い確率で割れてしまいます。

これまで説明してきたように、Apple、ドコモ、au、ソフトバンクが提供している補償サービスに加入していても、修理を申し込む際には追加料金が必要となる点には注意が必要です。

最後にそれぞれの料金をまとめると、AppleCare+(14,800円)に加入中でAppleで画面修理を申し込んだ場合は3.400円、未加入では12,800円〜かかり、ドコモでは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」(月額500円〜750円)への加入にくわえ、最大11,000円(1年間に2回まで)かかります。

また、auでは「auスマートパスプレミアム/auスマートパス」(月額372円/499円)加入者を対象に、最大10,00円×2回の修理代金がサポートされ、ソフトバンクでは「あんしん保証パック(i)プラス」(月額650円)加入を条件に、2,400円(iPhone7/iPhone5の場合)かかるとしています。

画面が割れると修理代金がかかってしまうので、取り扱いは気を付けましょう!


Sponsored Links
CATEGORY :