iphone7【ジェットブラック】おすすめケースを徹底検証!ブラックとどっちが人気になるか?

iphone7【ジェットブラック】おすすめケースを徹底検証!ブラックとどっちが人気になるか?

iphone7の発売日も決まり、予約した方は待ち遠しいのではないでしょうか?

新品のときに限って、手が滑り地面に落として傷をつけてしまったり、運が悪いとタッチパネルを割ってしまった。

なんてこともあり得ます。

また新色のジェットブラックは、傷が付きやすいとか、指紋が付きやすいと噂されていますが実際どうなのか…

ですが、いずれにせよケースや他の方法でiphoneを保護したいですよね。

それでは、iphone7の新色「ジェットブラック」のおすすめのケースを検証していきます。

また新色のブラックはツヤ有りのジェットブラック」と「ツヤ無しのブラック」の2種類発売されます。

ジェットブラックとブラックとはどっちが人気になりそうなのかも調査していきます。


Sponsored Links

ケースの種類と特徴

iphone7-jet-black2

iphoneケースといってもたくさんあります。

まずは種類を理解していきましょう。

・手帳型
・シリコン(TPU素材)
・ハードケース
・アルミ製
・バンパー
・防水ケース
・バッテリー内臓ケース

手帳型

最近は手帳型が人気があります。

その理由としてあげられるのが、表も裏も保護できるだけでなく、カードやお金を収納できるポケットが付いていたり、タッチペンホルダーがあったりと機能性が凄くいいから。

またケースを横に向けて広げると、スタンドになりテレビやユーチューブの視聴に最適です。

しかし、メリットばかりでなくデメリットもあります。

表も裏も保護できるため、分厚くなってしまいます。

シリコン

価格も抑えれることにより、昔からシリコンの愛用者が多いです。

最近では、TPUという弾力性のあるプラスチック素材が使われていることが多いです。

ケースの脱着が簡単にでき衝撃も吸収します。

ソフトケースは、少し厚みがあり弾力性に優れたものが多く、落としたときの衝撃を和らげる機能があります。

ハードケース

ソフトケースとは対象的で、「硬い」「薄い」「軽い」のが特徴です。

また、デザインがたくさんありますが、雑に扱うと割れたり、ヒビが入ったりします。

材質は、ポリカーボネートというプラスチックの素材で作られています。

薄くて軽いので、ケースを付けている感はないです。

アルミ製

より丈夫さを求めたのがアルミケース。

電話してて、その高さから落としても耐えることができるのが特徴。

その反面、ケースが大きく重くなり、ゴツゴツ感もでます。

バンパー

側面のみを保護するだけのケースです。

多少iphoneが大きくなる程度で、装着しても違和感がありません。

また側面だけに特化しているため、背面が傷つきやすいのがないいてんです。

防水ケース

今回のiphone7は防水機能が付き、水深50mまで潜っても平気らしいのですが、いざ水につけると心配になるはずです。

そんな時に役に立つのが防水ケース。

水場での使用や、アウトドアをしている時などに重宝します。

厚みが出ますが、いざという場面で役に立ちます。

バッテリー内臓ケース

バッテリーとケースが一つになった画期的な商品で、ケースをするだけで充電できます。

また面倒な設定も配線もなく簡単です。

長時間使用するのがわかっている場合には必須のアイテムになることでしょう。

商品によりことなりますが、約二回のフル充電が可能なケースが多いです。

モバイルバッテリーを持ち歩きながら充電するよりは、バッテリー内臓ケースの方が便利です。


Sponsored Links

iphone7「ジェットブラック」のケースの選び方

iphone7-jet-black3

ケースの種類とジェットブラックの特徴は、先ほども説明しましたが、

ケース

・手帳型
・シリコン(TPU素材)
・ハードケース
・アルミ製
・バンパー
・防水ケース
・バッテリー内臓ケース

ジェットブラック

・黒々している
・艶々してる
・傷つきやすい
・指紋が付きやすい
・光沢が綺麗

これらのことがあります。

あなたのタイプは・・・

・iphoneを見ながら保護し、多少の傷や指紋は許せる

 →バンパー

・iphoneを見ながら保護したいが、傷や指紋は許せない

 →シリコンまたはハードケースの透明

・傷や指紋は許せないから、iphoneを保護したい

 →シリコンまたはハードケース

・傷や指紋は許せないから、iphoneを完全に保護したい

 →手帳型

・よく落とすので、保護力の強いのがいい

 →アルミ製

・出張が多いから充電が気になる

 →バッテリー内臓ケース

このような感じでタイプ別に分かれます。

あとはあなたの好きな柄をチョイスすればいいと思いますよ。

【結論】Hovita編集部 ジェットブラックのおすすめのケースは…

TUNEWEAR Hybrid Shell 衝撃吸収クリアケース

TUNEWEAR Hybrid Shell 衝撃吸収クリアケース for iPhone TUN-PH-000495

商品の特徴
・2つの素材を組み合わせた衝撃吸収ケースで、落下などの衝撃に強いクッションを四隅に搭載しています。

・アーク状のグリップにすることにより持ちやすさが向上し、側面には本体の落下を防ぐ滑り止め加工を施している。

・フラッシュの写り込みを防ぐカメラリングにより、写真撮影もスムーズに。

iphoneを見ながら保護したい人へのおすすめは、こちらの透明のクリアケース。

透明にすることにより、ジェットブラックの質感が損なわれないのがポイントです。

しかし、透明のケースは黄ばみやすいので消耗品としてとらえた方がいいかもしれません。

HANSMARE iPhone7 手帳型ケース

HANSMARE iPhone7 ケース CALF Diary ネイビーブルー 手帳型 HAN8263i7

商品の特徴
・柔らかいカーフヘアをイメージしたデザイン

・カラーバリエーションは5種類あり、全てが厳選された高級感ある色合い

・手帳型の醍醐味ともいえるスタンド機能を装備

・カードポケット付き

手帳型にすると、背面の色が全く見えないのが欠点ですが、仕事柄「手が汚れる人」、「交通機関を利用する人」、「雑に扱う人」にぴったりです。

仕事柄、「手が汚れる人」は、ケースで全体が覆われているため、持ち運びの際に本体を汚さなくてすみます。

「交通機関を利用する人」は、カード入れのポケットがあるので、そこにカードを収納できます。

少し表現が良くありませんが、「雑に扱う人」は、カバンの中に入れるときなど、手帳型でない場合はカバンの中でiphoneと荷物が擦れ合いタッチパネルに傷が入ったりしますが、手帳型は全体を覆っているのでその心配がありません。

「ジェットブラック」と「ブラック」どっちがいいの?人気はどっち?

iphone7-jet-black4

今回のiphone7には困ったことに新色でブラックが2種類も設定されました。

嬉しいけどブラックが欲しい方は迷ってしまいますよね。

現在わかっている情報としては…

ジェットブラック

・黒々している
・艶々してる
・傷つきやすい
・指紋が付きやすい
・光沢が綺麗

ブラック

・艶が少ない(マッド感がある)
・少しグレーがかっている
・飽きのこない黒色

それでは、何を基準に選べばよいのか?

他人の意見に左右されることなく、商品をみて「パッと見」でいいと思ったほうがいいことが多いです。

人の直感は鋭く、第一印象って凄く重要です。

よく、誰かがこっちにするから自分も!

って決める場合がありますが、いいと思っていなかった場合は愛着は沸きませんよね。

欲しい色が決まらずに、在庫切れで選択肢が一つしかない場合は我慢できると思いますが、そうでない場合は、これから2年くらいは使うはずなので、自分の直感を信じてみましょう。

人気はどっち?

ジェットブラックとブラックのどっちが人気なのかは、おそらくブラックだと思います。

iphoneをすぐに購入される方は、新しいものが好きなため、冒険心があるでしょう。

その方たちは、ジェットブラックを購入する可能性が高いのではと考えます。

しかし、私たちは日本人なので、「傷」「汚れ」を嫌う人種です。

※人によりさまざまで一概にはいえませんが、大きいくくりでのデータをもとにしています。

それにより、無難なブラックを選ぶ人のほうが多いのでは…

選び方のまとめ

・ケースの種類はタイプ別にわかれる。

・パッと見の直感を優先する。

以上の2点を大切にしてもらい、iphoneライフを満喫しましょう。


Sponsored Links
CATEGORY :