レゴランド名古屋「チケットの購入方法」。前売りや年パスなど種類別に解説!

レゴランド名古屋「チケットの購入方法」。前売りや年パスなど種類別に解説!

レゴランドジャパンことレゴランド名古屋は、4月1日にオープン予定です。

小さい頃に遊んだレゴブロックの世界がそのままテーマパークとして生まれ変わりました。

レゴで遊んだことのある人はもちろん、お子さんが今レゴで遊んでいるという人には夢のようなテーマパークになるのではないでしょうか。

そこで気になるのがチケットの購入方法ですよね。

チケットを購入しなければ当然レゴランドに入園することはできませんし、買いたくても方法がわからなければ入ることもできません。

そこで、ここではチケットの購入方法を紹介していきたいと思います。

更に、当日券と前売り券、年間パスポートの違いについても触れていきます。


Sponsored Links

レゴランド名古屋のチケットの購入方法!

レゴランド名古屋のチケットは、以下の方法で購入することが出来ます。

チケット購入方法

  1. 公式ホームページで購入
  2. セブンチケットのウェブサイトで購入
  3. セブンイレブン店頭のコピー機で購入
  4. 当日窓口で購入

それぞれの購入方法で当日券・前売り券・年間パスポートのどれが買えるのか異なってくるので、そのあたりも解説していきたいと思います。

是非、購入の際の参考にしてみてくださいね。

1.公式ホームページで購入

公式ホームページから購入できます。

こちらは、前売り券(1DAYチケット)年間パスポートのどちらかを購入できます。

公式ホームページにアクセス後、「チケット購入」から購入画面に進むことが可能です。

注意したいのは、前売り券を購入する場合は予約指定した日しか入れない点。

その日にいけなくなってしまうと、チケット代金が無駄になってしまうので、予定はしっかりと立てておきましょう。

配送方法は当日受け取る場合と、自宅に直接送る場合の2つが選べます。

自宅に送るを選ぶ場合はなくしたり、当日以って行くのを忘れないように注意しましょう。

また、支払いはクレジットカードのみとなっているので、もっていない場合はほかの方法で購入しなければなりません。

2.セブンチケットのウェブサイトで購入

セブンイレブンが運営しているウェブサイトで、当日券と年間パスポートを購入することが出来ます。

レゴランドジャパン公式ホームページから「セブンイレブンで購入」を選ぶか、セブンチケットのホームページでレゴランドのチケットを検索するかで購入可能です。

どちらを選んでもセブンイレブンの店頭で支払いが出来るので、お手軽さがウリですね。

こちらの場合は購入した段階でチケットが発行されるので、当日忘れないようにしましょう。

会員登録が必要ですが、支払いも購入も短い手順で済むので楽です。

3.セブンイレブン店頭のコピー機で購入

ほとんど公式サイトと変わりませんが、購入の手続きを店頭のコピー機で行うことになります。

マルチコピー機のあるコンビニから「各種チケット購入」からレゴランドのチケットを探し、購入します。

同じくその場でチケットが発行されるので、なくさないようにしましょう。

マルチコピー機をそこそこ長い時間占領することになるので、空いているセブンイレブンが近くにない場合は少し気まずいかもしれません。

4.当日窓口で購入

当日券はレゴランドジャパンの窓口で購入することが可能です。

もちろん、窓口で購入する場合は当日券しか購入できないことに注意してください。

利点としては、予約したけれど当日予定が入ってお金が無駄になるという事態がなくなるという点があります。

また、チケットを当日受け取るので、失くしたりする心配がなくなります。

予定が不透明でいついけるかわからない人はこちらの購入方法がおススメです。

しかし、この方法で買う場合は当日並ぶ可能性もあるので一長一短になっています。

場合によっては入園制限が課される場合もあるらしいので、遠出をしてレゴランドに行く場合はほかの購入方法をおススメしたいところです。

以上がチケットの購入方法です。

当日券・前売り券・年間パスポートの違いとは

legoland-nagoya-ticket3

説明のところに当日券、前売り券、年間パスポートと表記をしました。

これらの違いはどこにあるのでしょうか。

以下にそれぞれの違いを解説していきたいと思います。

当日券

購入したその日のみの有効な1DAYパスポートです。

値段は13才以上6900円、子ども(12才以下3才以上)5300円。

購入したその日であれば、一度レゴランドを出ても再度入園することが可能です。

購入するためには並ばなければならないこともありますが、予定等に左右されない点は大きな利点といえます。

前売り券

あらかじめ指定した日にちでのみ有効な1DAYチケットを購入します。

購入方法は公式サイトもしくはセブンチケットでの購入、もしくはセブンイレブンでの店頭購入になります。

値段は当日券と同じく、おとな料金(13才以上)が6900円、子ども料金が5300円。

購入する場所以外は当日券と変わらないので、都合の良い購入方法を選びましょう。

年間パスポート

4月1日から一年間を通して入園が自由になるパスポートです。

料金は子どもが13300円、大人料金で17300円。

年に3回以上いく場合は年間パスポートのほうがお得な計算ですね。

遠い人はともかく、現地の人や近くに住んでいる人は交通費を含んでもこちらのパスポートのほうがお得なのではないでしょうか。

注意したいのは、4月1日時点での年齢を参照する点と、初入園が何日であっても有効期限は2018年の4月1日までということです。

何度もいくことを考えている人は、是非購入を考えてみてくださいね。

以上がレゴランド名古屋におけるチケットの種類になります。

前売り券及び当日券は「1DAYチケット」と同額の値段です。

レゴランド名古屋の特徴として、シニア料金がないということが挙げられます。

これからシニア割引を行う可能性もありますが、4月1日のオープン価格ではシニアに特別な価格は設けられていません。

また、障害者割引もありません。

ただし、障害者の方で同伴が必要な場合、障害者手帳を提示することによって、同伴者1人の入園が無料になります。

1人分は無料になりますが、1人分の通常料金は払う必要がありますので、実質的には半額の割引と考えられますね。

以上、レゴランド名古屋のチケットについてのまとめでした。

それほど複雑なシステムではありませんが、前売りチケットを買う場合はなくさないようにしましょう。


Sponsored Links

名古屋の新レジャースポット、レゴランド名古屋のまとめ

legoland-nagoya-ticket1

観光施設が少ないといわれ続けた名古屋にこのたび開園するレゴランド。

名古屋市民やレゴ好きの期待を一身に背負うだけに、その注目度も高めです。

上述したまとめで、料金体系はわかったのではないでしょうか。

すでにプレオープンが行われ、その際には園内に行列が出来るほどの大盛況だったとか。

各所にプレオープンの体験記が投稿されているので、それを見て遊ぶアトラクションを決めるのもいいかもしれませんね。

また、開園1日目である4月1日は土曜日であることもあって、大混雑が予想されます。

入場制限の可能性もあるとのことですので、朝から入ろうと考えている人は出来るだけはやい時間に並んだほうがいいかもしれませんね。

レゴランドは名古屋の中心街から少々外れたところにありますし、車で行く場合も電車でいく場合も、しっかりと計画を立てていきましょう。

せっかくお金を払うのですから、いい思い出をつくりたいところです。


Sponsored Links
CATEGORY :