年末年始の国内旅行で子連れにおすすめの穴場スポットは金沢!子供と一緒に思い出を。

年末年始の国内旅行で子連れにおすすめの穴場スポットは金沢!子供と一緒に思い出を。

2016年も終わりに近づいてきました。

時間が経つのは早いものですね。

お子さんがいらっしゃる方なら子供の成長の度合いで、時間の経過を感じるのかもしれませんね。

うちの子はもう一年生だとか、もう四年生になったなど。

来年は中学生かな、なんて子供もどんどん大人になっていきますよね。

いきなりですが、どのようなお子さんに育ってほしいしょうか?

できればすくすくと健全に立派になって欲しいものですよね。

それには小さい時の実体験や思い出などが、大人になる過程においてとても重要です。

例えば海や山に興味を持ったり、工場見学で機械に興味をもったりする。

いろいろなものに関心を向けさせることで、将来自分にあったものを見つけ出そうとする力を養うのです。

そうやって独り立ちしていくのです。

ですので、小さい時にどんな体験をしてどんなものを親がみせるのかは非常に重要な訳です。

今回はそんなお子さんが成長する体験ができ、家族の思い出となるような国内旅行を紹介したいと思います!

場所は金沢です。

金沢という町は古い町並みや情緒あふれる庭園などお子さんが関心を持つと、きっといいものがたくさんあります。

それでは、ひとつずつ解説していきます。


Sponsored Links

子供にドキドキ体験

leisure2

兼六園

子供にはやはりドキドキさせることって大事ですよね。

子供をドキドキさせるには美しいものをみせましょう!

金沢で美しいところといえばズバリ兼六園です。

ここは本当に綺麗なところです!

中に入ると別世界のような感じがします。

兼六園の特徴は四季によって庭園がさまざまな雰囲気を醸し出すところです。

日本と言えば他の国に比べて四季がはっきりしていますよね。

この庭園を見ることで昔から日本人が大事にしてきた四季折々の感覚をお子さんが感じてくれるといいですね!

そして庭園内はとてもゆったりとして広いので、楽な気持ちになりご家族の会話もはずみそうですよ。

普段家にいるお子さんとは違った姿がみられるかもしれませんね!

ひがし茶屋街

ここは明治初期に建築された町家の古い町並みで金沢代表的な観光地となっています。

町並みが文化財として保存策がとられているだけあって、まるで江戸時代にタイムスリップしているかのようです。

また歩いていると自然に太鼓や三味線の音が聞こえてきますので、より一層時代を感じることができます。

お子さんがもしここを歩けば日本の伝統芸能や建築、または歴史に興味を持つかもしれませんよね。

そして家にもどったら時代劇を食い入るようにみるかもしれませんよ。


Sponsored Links

子供にワクワク体験

leisure2

ではつぎにお子さんをワクワクさせてしまいましょう!

妙立寺

ここは別名忍者寺ともいわれる金沢の代表的なお寺です。

江戸時代の隠れたヒーロー的存在といえばやっぱり忍者ですよね。

忍びでありながら重要なところで力を発揮して非常に存在感があります。

子供にとってもスター性があり、わりと身近なものでなはいでしょうか。

特に男の子にとっては手裏剣やさまざまな道具に興味を持つかもしれませんね。

この寺は普通の寺ではなく、なんと忍者の仕掛けがたくさんあるのです!

入ると子供だけでなくて大人も一緒にワクワクしてしまうかもしれませんよ!

金沢城

忍者気分のあとは殿様気分にさせてしまいましょう!

というわけで金沢城公園です。

この城は明治以降に建てられた木造建築としては日本で一番の広さをもっています。

なんと釘をいっさい使わない伝統建築なのです。

ここも兼六園と同じ雰囲気をもっていてすごく広い公園です!

きっとここでもご家族でのんびり会話ができるはずですよ。

金沢21世紀美術館

leisure3

時代モノに飽きたころ合いをみて、今度はググーンと現代モノのあるところに連れていってあげましょう!

この金沢21世紀美術館はなんと円形でガラス張りの建物なのです!

金沢市の中心にあり、「まちに開かれた公園のような美術館」がコンセプトのようです。

ここでは現代の芸術家が展示会を開いていたり、モダンな美術品が展示されていたりします。

さきほどの伝統建築とはまた別な感想をもってくれるかもしれませんね!

そしてなんといってもここは「水の中に濡れずに潜れる」というコンセプトのプールがあるのです。

水の揺れに光をあてて錯覚させたプールを作っているわけですが、きっとこれも刺激的な体験になるでしょう。

近江町市場

いろんなものをみて体験すればきっとお腹もすいてしまうでしょう。

最後に食事をしてお腹を満たしましょう。

この市場は元々近江商人が作った場所で現代でも金沢の台所です。

たくさんの食材とくに海の幸が豊富なので海鮮丼がおすすめです!

そして味のわりにお値段が手頃でそんなに高くないのです。

ただでさえお金がかかる家族旅行、お父さんお母さんにとってはうれしいのではないでしょうか。

浅の川温泉 湯楽

ここは地熱の恵でいっさい水を使わず100%純正のお湯の温泉なのです。

そろそろ遊び疲れたところで温かい温泉に入りましょう。

家族のなかでも裸のつきあいというのでしょうか。

温泉もリラックスしていますから、普段とちがった会話ができるきっかけになるかもしれませんね。

家族旅行のよさ

leisure3

家族旅行の良さとは、やはり家族の会話が増えることではないでしょうか。

普段同じ屋根の下に一緒に暮らしてすごく近くにいるのに、意外に会話をしていないものです。

するのは挨拶ぐらいだなんてすごく悲しいですよね。

家の会話よりテレビの音声の方が大きく聞こえる時があるという家もあるかもしれません。

しかし、家族旅行すると同じものをみて、同じところにでかけると必然的に会話が増えます。

まず遠いところに出かける時点で気持ちが高揚します。

そうすると誰かになにか話かけたくなるはずです。

周りは家族しかいないので当然会話がスタートします。

こうやって話が盛り上がっていきます。

これは私の話ですが、家族旅行を車で遠出すると必ず父親の隣の助手席に座ってワクワクしていたものです。

子供にとっては遠くに行くことは冒険でもありますから気持ちが高まるはずです。

そして旅行から帰ってきたときに色々なことを感じて自分のものにしていくのでしょう。

それが親にとって何より嬉しいのですよね。

金沢のみどころまとめ

  • 兼六園で、日本人が大事にしてきた四季折々の感覚
  • ひがし茶屋街で、江戸時代にタイムスリップ
  • 妙立寺で、忍者体験
  • 金沢城で、釘をいっさい使わない伝統建築に触れる
  • 金沢21世紀美術館で、水の中に濡れずに潜れるプールを満喫
  • 近江町市場で、海の幸を
  • 浅の川温泉 湯楽で、濁りのない100%の温泉でリラックス

ツアーで行っても、個人で行っても楽しめる金沢!

年末年始のプランにいかがでしょうか。


Sponsored Links
CATEGORY :