LINEモバイルとは?販売端末と料金プランの仕組みに注目。

LINEモバイルとは?販売端末と料金プランの仕組みに注目。

2016年3月にMVNOのサービス開始を発表したLINEモバイルが、9月5日に詳細を発表しました。

今回の発表でガラケーに注目していると発表しましたが矛盾点も…

いずれにせよ10月から開始される予定ですので、それまでにどう展開していくのか興味深いです。

また、今後の動きにも注目していきながら、LINEモバイルとは何か?

対応端末と料金プランの仕組みを紹介していきます。

LINEモバイルとは、ユーザーとの密な関係

line-mobile-the2

LINEは、スマホユーザーの人達とサービスやコンテンツなどの距離を縮めて、今まで以上に楽しめる環境作りをするために、モバイル通信サービスを手がけるべきだという考えにたどり着く。

また、LINEモバイルによりスマホ環境に変化をもたらし、ユーザーとLINEモバイルの関係を密にし、より近い存在にしていくと宣言しています。


Sponsored Links

LINEモバイルの料金プラン

line-mobile-the5

・「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」の通信量が発生しない。

・通信容量を使いきっても「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」はずっと高速通信で利用することが可能。

LINEフリープラン

・月額基本利用料は、500円

・月間のデータ容量は「1GB」まで。

・カウントフリーサービスの対象プランで、、LINEトークと通話が使い放題。

コミュニケーションフリープラン

・月額基本利用料は、1.110円~

・月間のデータ容量が「3GB」「5GB」「7GB」「10GB」の中から選択できる。

・カウントフリーサービスの対象プランで、LINE、Twitter、Facebookが使い放題。

カウントフリーサービスの詳細

LINEのカウントフリー

【トーク機能】

・テキストや音声メッセージの送受信
・「スタンプ」「画像」「動画」などの送受信
・「無料通話」と「ビデオ通話」

【タイムライン機能】

「画面閲覧」と「投稿」

【その他の機能】

・アカウント設定に関連すること
・友だち追加と友だち一覧画面の表示
・「スタンプ」や「着せ替え」のダウンロード
・「その他」画面の表示

Twitterのカウントフリー

・「ホーム」と「ニュース」と「通知」の画面表示
・タイムラインの「画面表示」と「投稿」
・プロフィール編集
・メッセージ機能の利用

Facebookのカウントフリー

・「タイムライン」や「ニュースフィード」画面の表示と投稿
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィール編集


Sponsored Links

LINEモバイルの販売端末と価格

line-mobile-the4

・AQUOS mini SH-M03:49,800円

信頼のAQUOS製で、コンパクトでハイスペック。

バッテリー持ちが脅威の3日間のため、充電切れの心配いらず。

防水とおサイフケータイ機能付きでライフスタイルに溶け込みます。

LINEモバイルの販売端末の中では、最上級端末。

・arrows M03:32,800円

ワンセグ内蔵で防水機能付き。

バッテリー持ちが余裕の3日間。

カメラ機能が優れており、日常でよく撮影する「人物」「料理」をキレイに撮影できる。

・arrows M02:29,800円

日本製スマホで防水機能付き。

バッテリー持ちが脅威の3日間のため、充電切れの心配いらず。

鮮やかな5.0インチ大画面で手になじむ大きさ。

・HUAWEI P9 lite:28,800円

ワンランク上の質感で、画面サイズは5.2インチ。

性能と価格のバランスがとれたモデル。

高性能なCPUを搭載し、指紋認証にも対応。

BLADE V7 Lite:22,800円

フロントカメラは800万画素のハイスペック。

飽きのこないシンプルなデザイン。

低価格でありながら指紋認証センサを搭載。

ZenFone™ Go:19,800円

カラーバリエーションが豊富で、人間工学に基づきデザインされているため手に馴染み安い。

大容量バッテリーで充電切れの心配なし。

スマホデビューの方にお勧めな、簡単で使いやすい操作画面。

BLADE E01:13,800円

2台持ちにもオススメで、LINEなどを楽しむため低価格が実現。

フロント800万画素で、カメラ機能も充実。

シンプルで飽きのこないデザイン。

ASUS ZenPad™ 7.0:23,800円

大画面7インチタブレットで、軽量で手になじむ大きさ。

上品でシンプルなデザイン。

音に力を入れており、5.1chサラウンドの臨場感に圧倒。

※税抜き価格を表示しています。

MVNOへの参入の鍵は「ドコモ」

line-mobile-the3

LINEは料金プランから判断できるように、「月額基本利用料」や「販売端末」の価格をユーザーが納得する価格に設定しています。

また、価格も大事だが、スマホ回線の安定性を確保せるために「ドコモの通信回線網」を利用。

現在、MVNOは「UQモバイル」や「mineo」などau回線を利用しているMVNOもありますが、その他の大勢はドコモの通信回線網を利用しており、圧倒的な安定感をほこっている。

ドコモ系のMVNOを利用するので、SIMカードもドコモのSIMカードとなります。

これにより、利用端末がドコモのスマホなら、SIMロック解除不要で利用できるようになります。

すなわち、現在ドコモを利用しているユーザーは、そのスマホを使いながらLINEモバイルが利用できるようになります。

ドコモユーザーには朗報ですね。

知名度抜群のLINEがMVNOに参入するので、今後のMVNOの動きから目が離せなくなりそうです。


Sponsored Links
CATEGORY :