宝くじが当たる人の買い方まとめ。当選確率をあげるには「連番・バラ」の組み合わせ!

宝くじが当たる人の買い方まとめ。当選確率をあげるには「連番・バラ」の組み合わせ!

どんな人であれ、人生には色々な夢があります。

しかし、夢を実現するためにはお金が必要です。

そして、お金を得るためには基本的に働かなければなりません。

働いていると時間がなくなり、気がついたら夢を追う時間もなくなっている……

それがほとんどの人の傾向だと思います。

ところが、働かずに夢のためのお金を手に入れられることもあります。

その手段の1つが宝くじ。

宝くじは、当選すれば1回で人生を変えるほどの金額を入手することができます。

一般的に、宝くじは完全に運の要素がすべてを占めると思われがちです。

しかし、そんなことはありません。

宝くじには、当選確率をあげる買い方というものが存在します。

以下に、当選確率をあげる買い方と、宝くじが当たる人の特徴をまとめていきたいと思います。


Sponsored Links

当選確率をあげる買い方とは?

lottery-how-to-buy5

宝くじを購入するときに、ほとんどの人が狙うのは1等の高額当選金額だと思います。

1等ないしその前後賞、および2等は、手に入れれば人生を変えられるほどの金額が入手できますから、狙うのは当たり前でしょう。

では、当選確率をあげる買い方とはどんなものなのでしょうか。

数学的には、以下の買い方が当たりやすいとされています。

「バラ」買い

宝くじ売り場では、2つの基本的な買い方が存在しています。

その1つがバラ買いです。

バラ買いとは、下一桁以外の番号を適当に購入する方法で、下一桁が0~9であること以外は特に法則性のない番号を購入します。

枚数はおおよそ10枚が一般的です。

この方法で購入すると、高額当選の確率が数学的には2.5倍上昇します。

あくまでも数学的な確率なので、必ずこの方法で購入しなければいけないというわけではないのですが、高額当選金を狙うのであればこの方法がいいでしょう。

ちなみに、もう1つの方法である「連番」は下一桁以外の番号が揃った番号を購入する購入方法です。

例えば、最大7桁の宝くじがあるとして、1500000~1500009までを購入するのが「連番買い」になります。

一見すると、この買い方では何のメリットも存在していないように見えます。

しかしながら、この買い方にすると、一等前後賞と一等が同時当選する可能性があるのです。

バラで同時当選することはありえないので、そういう意味で連番購入はとても期待値が高いといえますね。

ただ、当選確率を上昇させるのであればバラによる購入が望ましいです。

なお、この買い方は10枚単位ですることができます。

以上が、高額当選する確率を少しでも上昇させる確率です。

これは宝くじの仕組み的なものを利用した上での買い方なので、宝くじを購入する人はこの仕組みを理解した上で購入していることがほとんどでしょう。

では、実際に宝くじを高額当選した人の買い方と、その特徴はどんな人なのでしょうか。

以下に、実際に宝くじが当たった人の買い方とその特徴をまとめて紹介します。

宝くじが当たる人の買い方とその特徴とは?

lottery-how-to-buy001

宝くじを当てた人は、今までで何百人も存在します。

ですから、高額当選した人のデータを見れば、なんらかの統計が見えてくるのではないでしょうか。

そんなデータが「日本宝くじ協会」のアンケートによって明かされています。

まず、高額当選した人の買い方で一番多いのは複数枚購入。

前述した「バラ」で10枚購入したという方が一番多いようです。

次に多いのが30枚購入で、それ以上購入しているという人はあまりいないようでした。

10枚というのは前述したように「バラ」購入ができる最小単位なので、とりあえずそれにしたという人も多いとか。

次の30枚というのは、使用する金額がギリギリ1万円にいかないという数字なので、そのあたりも関係しているのかもしれませんね。

加えて、宝くじの高額当選者は「継続して」買い続けているという人が多いようです。

高額当選者のうち、ほとんどの人は「10年以上継続して買い続けている」という人が多いとか。

単純に宝くじを購入する数が多い以上、当然当たりの確率も増える、ということですね。

なお、宝くじの種類は、ほとんどの人が同じ種類のものを買い続けているようです。

複数にまたがって色々な種類の宝くじを購入している人はあまりいません。

例えば、「年末ジャンボ」であれば10年間程度年末ジャンボを買い続けている人がほとんどのようです。

高額当選者が選択する売り場は、「高額賞金が出た」という売り場よりも、「自宅から近い」だとか、「なんとなく」という理由で選択している人が多いようです。

ただ、長期間買い続ける上で、その売り場にこだわって購入している人がほとんどなので、もし縁起を担ぐのなら同じ売り場で購入するのが一番いいのかもしれません。

以上が高額当選者の買い方です。

当然のことですが、購入する数が多ければそれだけ当選の抽選が多いので、高額当選の確率もあがってくるとか。

とにかく、確率をあげるためには確率を上昇させることが重要だということですね。

また、高額当選をした人のうち、半分以上の人は番号に何かしらのこだわりを持っている人が多いようです。

では、宝くじを購入した人はどのような立場の人が多いのでしょうか。

以下に、高額当選した人の傾向についてまとめていきたいと思います。

購入した宝くじを丁寧に保管している

高額当選した人のしまっている場所は、「財布」や「神棚」、「机の引き出し」などなど、とにかく、絶対に失くさない場所に補完している人が多いようです。

せっかく高額当選を果たしたのに、交換しに来ない人は毎年一定数存在しているようなので、忘れないように保管するのは大切なことだということでしょう。

また、部屋の掃除をこまめにしている人も高額当選をする傾向にあるとか。

忘れずに番号を購入することも含めて、当選したことを見逃さない几帳面な人が当選傾向にあるようですね。

ほとんどは普通の会社員

宝くじで当たっている人のほとんどは普通の会社員のようです。

日本における会社員の割合を考えれば当然かもしれませんが、宝くじだけにかまけているという人はほとんどいません。

とにかく、働く合間の一時の息抜き、あるいは長年の夢として購入している人がほとんどのようです。


Sponsored Links

当選確率をあげるには数をこなすのが一番

lottery-how-to-buy6

以上の宝くじの高額当選者の傾向を見ると、それほど大きな偏りはないように思います。

苗字のイニシャルが「K」からはじまる人が男女ともに当たりやすい、という話も流れていますが、それはただ単に「K」からはじまるイニシャルが多いというだけの話。

日本人口となると話は全く違ってくるかもしれませんが、そういった話が流布されていれば、確率的にも当然「K」のイニシャルを持つ人の高額当選確率が高くなります。

ただ、都市伝説的な話として高額当選をした人はほとんどが猫を飼っていたという話も流れているようです。

昔から猫は「招き猫」に見られるように金運と関連づけられて話をされることが多い動物ですが、その作用が実際にどうなのかはわかりません。

日本ではたくさん野良猫がいるため、単純に猫を飼っている人が多いだけという結論に至ることもできますが、信じてみるのも面白いかもしれません。

ともかく、そういったジンクスを信じるにせよ信じないにせよ、宝くじを当てるためにはとにかく宝くじを購入しなければなりません。

そして、確率とは試行回数が増えれば増えるほど当選の確率が上昇するということが常です。

もし本気で当たりたいと思うのなら、何十年にも渡って購入し続けるのが一番かもしれませんね。


Sponsored Links
CATEGORY :