新型プリウスPHV「モデリスタの価格一覧」。センスよくドレスアップするには!?

新型プリウスPHV「モデリスタの価格一覧」。センスよくドレスアップするには!?

プリウスに遅れること約1年、ついに新型プリウスPHVが発売されました。

近年、単なるエコカーという部分だけでなく、見た目にもこだわりカスタマイズするユーザーが増えてきました。

そこで、そんな普通に大人しく乗ってられない!!…という方の為に、トヨタの「モデリスタ」というカスタムブランドの各パーツの価格や、合わせてダウンサス・社外品ホイールの情報などについて集めてみました!


Sponsored Links

プリウスPHVを引き締めるモデリスタのエアロパーツ!その価格は?

new-prius-phv-modelista2

TRDやモデリスタなどは他の社外品メーカーと違い、トヨタディーラーで扱っているだけありそのフィッティング性や安心感は抜群と言えます。

ここではモデリスタに絞り、お勧めのパーツを紹介していきたいと思います。

まず、外観で純正と大きく差別化を図る部分としては、やはりフロント・サイド・リヤのエアロ3点ではないでしょうか。

モデリスタの価格

  1. フロントスポイラー:62,640円
  2. サイドスカート:49,680円
  3. リヤスカート:61,560円

※いずれも塗装済みでの価格

と、それぞれ用意されています。

これら3点全てを装着する場合は割引が適応され、セット価格は160,920円となります。

それぞれ別々で購入した場合は、「173,880円」となるので、セットでの購入では「12,960円」お得となります。

エアロを装着することによるボディ全体でのまとまりとお得感を考えると、エアロ3点セットでの購入がお勧めと言えます。

外観パーツでは他に、各部位に装着するガーニッシュが用意されています。

  1. フロントグリルガーニッシュ:19,440円
  2. ミラーガーニッシュ:17,280円
  3. サイドドアガーニッシュ:34,560円
  4. ヘッドライトガーニッシュ:14,040円

いずれもメッキが見た目のアクセントになるパーツとなり、セットによる割引が適応されます。

セット価格は64,800円。

これは別々で購入するよりも「6,480円」お得となっています。

今回のプリウスPHVは2代目となりますが、初代と違ってプリウスとデザイン面でも大きく変えてきており、一目で見てPHVと分かるそのデザインはより洗練されてノーマルでも十分な存在感があります。

ここで紹介したエアロキットは、そんなノーマルでのデザインを活かし、より都会的な洗練さに磨きを掛けるアイテムであることは間違いありません!

きっと、車が好きな人にとっては人気のアイテムになるのではないのでしょうか。

センスが光るおしゃれアイテム

new-prius-phv-modelista3

次に紹介したいのが、「LEDトップノットアンテナ」です。

シャークフィンアンテナにクリアランスランプ連動のイルミネーションが内蔵されたもので、アンテナ側面の一部が青く光るのが珍しいアイテムとなっています。

個人的にとても気になるアイテムで、是非実物も見てみたいものです。

気になる値段は塗装済みのもので27,000円となっています。

決してお安くはないですが、他のプリウスPHVと差をつけたい人には、イチオシのアイテムと言えるでしょう!

PHVにお勧めのローダウンサス。落とし過ぎないのが大人スタイル!

new-prius-phv-modelista4

「エアロキットなどのエクステリアパーツだけでは物足りない!」

「純正車高での、タイヤとフェンダーとの隙間の広さが気になる!」

そんな方々が手軽に手を出せるアイテムが、車高調と比べて値段も安い「ダウンサス」ですね。

プリウスPHV用のダウンサスはオプション用品等で設定がないので、社外品を入れる必要があります。

しかし安心してください!

ダウンサスで有名なメーカーであるRSRさんがすでにプリウスPHV用のダウンサスを開発・販売しており、気になるダウン量も公表しています。

そのダウン量ですが、RSRの「Ti2000」の場合は下記の通りです。

  • フロント:-25〜-20mm
  • リヤ:-20〜-15mm

程よいダウン量で大人のお洒落ですね!

ちなみにモデリスタのエアロキットを組んでいる場合、以下のように純正と比べて大きく地上高が変わってきます。

  • フロントスポイラー装着:約38mmダウン
  • サイドスカート装着:約23mmダウン
  • リヤスカート装着:約52mmダウン

よって、モデリスタのエアロキット+ダウンサスの装着によって見た目は、実際のダウン量以上に車高が低く見えそうです。

実用性を考えると、ダウンサスでの20mmほどのダウン量はベストなのでしょうね!

ローダウン時の2つの注意点とは

new-prius-phv-modelista5

ダウンサスについて紹介したところで、ローダウンをする際に知っておいて頂きたいことを2つ、ここで紹介しておきたいと思います。

1.部品の早期劣化・耐性ダウン

車をローダウンすると、純正時に比べて足廻りへの負担は大きくなります。

それはメーカーはあくまで、純正状態での使用を前提として各所ベストな設計をしているからです。

例えば、ローダウンによりドライブシャフトの角度が変わることで、ブーツの隙間からグリスが漏れてくる場合もありますし、各アームのボールジョイントブーツも耐久性が落ちます。

ローダウンの際は乗り心地が変わることに加えて、これらのデメリットがあることも理解しておくことが大切です。

2.適切なスタビリンクの装着

足廻りにはスタビライザーという部品が装着されています。

これは、車体のロール量を抑える為に左右のサスペンションまたはロアアームを繋ぎ、車体(クロスメンバ)で固定されている鉄の棒で、サスペンションまたはロアアームに接続されている箇所は、スタビリンクという部品を介して取り付けされています。

ローダウンをすることで、ロアアームの角度やスタビライザーからサスペンションまでの距離は必然的に変わってきます。

そうなるとスタビリンクが突っ張ったり、長さが足りなくなることで無理な力が掛かってしまい、スタビライザーが本来の役割を果たせなくなってしまいます。

ダウン量が大きくなれば、スタビリンクが折損することもあります。

これは、他車種ではありますが実際に現場で私自身が目にしたことがある事案です。

そういったトラブルを避ける為に、長さの異なる他車種のスタビリンクを流用したり、調整式の社外品スタビリンクを使うことでスタビライザーが本来の役割を果たせるようにしてあげることが、車にとっても優しく大切なことになります。

必ずしも交換の必要がないことから、まだ社外品の調整式スタビリンクの発売等の情報は出てきていませんが、ローダウンの予定がある方は是非、スタビリンクに関して適切な対処をされることをお勧めします。


Sponsored Links

プリウスPHVに合うアルミホイールのサイズは?

new-prius-phv-modelista6

純正では15インチが装着されているプリウスPHVですが、見た目的には少し物足りなく感じる方もいるのではないのでしょうか?

そこで社外品ホイールを入れる場合には、どんなサイズのホイールを選べば良いのか解説していきましょう。

まず、モデリスタから出ているアルミホイールで18インチ・7Jというサイズに215/40R 18サイズのタイヤを履かせたものがあります。

モデリスタのHPで装着している写真も確認できますが、40という扁平率を考えると、18インチが最も自然な範囲でカッコ良く収まるサイズと言えそうです。

また、プリウスPHVに関してはまだ純正ホイールサイズのオフセット等の情報が出てきていません。

初期型のプリウスPHVはプリウスと同サイズであったことを踏まえ、今回も仮にそうであったとすると

  • 純正15インチの場合:6.5Jでオフセット+40mm
  • 純正オプション17インチの場合:7Jでオフセット+50mm

というサイズ展開になります。

新型プリウスはタイヤのインナー側の逃げが少ないようで、足廻りとホイールの干渉についても気を付ける必要があります。

よって、リム幅は8〜8.5Jくらいまでが限界と考えるのが良いでしょう。

オフセットに関しては+45mm前後を目安にすれば、問題なくフェンダー内に収まるでしょう。

ここまでの考察で言える、おすすめのホイールサイズを最後にまとめると

  • 18インチ (215/40R 18)
  • リム幅8J前後 (リム幅が大きくなる分、タイヤ幅も太くする必要がある場合も)
  • オフセット+45mm前後

この数字を目安にホイールの購入を考えて頂けると良いのではないでしょうか。

勿論、同じオフセットでもリム幅によってホイールの出方は変わってくるので、保安基準不適合になったり装着出来なかったとなってしまわないように、場合によってはホイール専門店のスタッフに相談するなどして、しっかりと検討を重ねた上でホイールを購入するようにしましょう!

プリウスPHVの燃費は?

プリウスPHVの燃費は、トヨタディーラーの営業マンに聞いたところ、実燃費は「32km/L」くらいとのことでした。

PHVということで、基本的にはこまめにその都度充電して走ればガソリンは使わないということですが、インフラ面に置いても現実的にはそのような使い方は難しく、またアクセルの踏み込み加減やエアコンの使用等によりエンジンが掛かる状況が通常走行においてはどうしても出てきます。

それらを踏まえた上で、実際には上記のような実燃費となるようですね!

また、センスよくお洒落にカスタムするのなら、エアロ・足回り・インテリア・エクステリアのパーツをトータルコーディネートしたほうが、見た目が締まってみえます。

ですが、一気に全て購入すると金額が高くなるので、1つずつコツコツさわっていくのが、楽しみも増えより愛着も湧くのでは。

あなただけのプリウスを目指してくださいね。


Sponsored Links
CATEGORY :