ナースサンダルの疲れにくいタイプを紹介。白と黒どっちが人気?

ナースサンダルの疲れにくいタイプを紹介。白と黒どっちが人気?

長時間立ち仕事が多い看護師さん。

病院では緊急に患者が搬送されてすぐに準備をしたり、手術中はずっと立ちっぱなしだったりしますよね。

そして忙しい時はよく走り回ります。

特に大学病院など敷地が広い病棟の場合は移動距離がかなりあるので、足が重くてもう動けない

そんな状態になる事もあるのではないでしょうか?

さらに看護師さんは夜勤がありますから、足に疲労が重なるかもしれません。

ここではそんな看護師さんに、疲れにくく機能的なナースサンダルをご紹介したいと思います。

自分にベストなナースサンダルあれば、足の疲労を少しでも軽減できますよね!


Sponsored Links

ナースサンダル選びのポイントとはどんなもの?

sandals1

では、サンダルを選ぶ上で重要なのはどんな事でしょうか?

順に挙げて行きたいと思います。

足の負担にならないもの

長時間立っても足の負担にならないことは大事ですよね。

すぐに疲れてしまうサンダルですと、余計に足に負担がかかってしまいます。

外反母趾の方もいらっしゃるので足が締め付けられるようなものは、疲労が溜まりやすいですから避けましょう。

そして靴底が厚めの構造でクッション性のあるものがおすすめです。

脱ぎ履きしやすいもの

看護師さんは病院の清潔区域をいうところを行き来しなければなりません。

具体的には滅菌管理している手術室や中央滅菌材料室です。

ここに入る際は、サンダルの脱ぎ履をしなくてはいけません。

また、患者さんのベッドに上がり患者さんを持ち上げる時もそうです。

入浴介護でお風呂に入れる時も、サンダルを脱ぎます。

このようになにかとサンダルを脱ぎ履きする回数が多い看護師さん。

仕事をスピーディーにこなすための選ぶポイントとして脱ぎ履きのしやすさが大事になってきます。

できれば、あまり足元を見ないで脱ぎ履き出来るとベストですね。

ナース服と調和して合うもの

やはり気持ちでしょうか?

仕事とはいえ、おしゃれに気を使う女性らしい視点からです。

ワンポイントのおしゃれは仕事中でも気持ちが上がりますね!

これも精神的な疲労を重ねない工夫になるのではないでしょうか。

清潔感のあるもの

仕事上衛生的に清潔さが保てるものがいいですよね!

靴下から足にかけてサンダルの汚れが目立つと、患者さんに対してもあまり印象がよくありません。

丸洗いできる抗菌仕様のものであれば清潔さを守れます。

お手頃価格

価値観は人それぞれ違いますが、以下は一般的な感覚で記述していきます。

仕事中に患者さんの血液や排泄物などで汚れる可能性があるので、高価なサンダルですと躊躇なく捨てることができないため、お手頃価格のサンダルをおすすめします。

体液などで汚れてしまった場合は、感染症になる可能性もあるので直ぐに捨てなくてはなりません。

高価なサンダルですともったいないので、ためらわずに捨てられるものがいいでしょう。

以上サンダルを選ぶポイントをお伝えしました。

多くの看護師さんはこの5つを基準にしてサンダルを選んでいるようですね!

ではその選ぶポイントに対してどんなサンダルがあるのでしょうか?

次に見て行きたいと思います。


Sponsored Links

3種類のナースサンダルの特徴とは!?

sandals2

サンダルにはどんなタイプがあるのでしょうか。

大きく分けてナースサンダルは以下のように分かれます。

【3種類のナースサンダル】

  • サンダル型
  • パンプス型
  • スニーカー型

サンダル型

以前はサンダル型が多かったのですが、施設によってサンダルを禁止しているところもあります。

理由は足の指がむき出しになるので血液や汚物がついてしまい不衛生なため。

そして、ハサミや針などの医療器具でケガをする可能性もあるからです。

しかし、メンタルクリニックや介護施設ではサンダル型がとても重宝されていますね。

このような施設では手術することが少ないため、医療器具によるケガのリスクも少ないからです。

もちろん血液などの付着もありません。

そのような職場におすすめなのが、かかとのベルトが可動式のクロックスタイプのサンダルです!

特徴は、手を使わずに履け、さらに荷物を持ったままでも履けます。

靴を履くたびに消毒の必要がないため、一番楽なサンダルになります。

また、サンダルは「人工皮革」と「合成皮革」の2種類がありますよ。

人工皮革は耐久性に優れていますが値段が高いです。

それに対して合成皮革は軽くて安いですが、耐久性はあまりありません。

このあたりはお財布と相談して決めてくださいね。

また、稀にゴムの劣化が進んだものもあるので注意をしましょう!

パンプス型

デザイン性の高いサンダルがパンプス型です。

職場でもおしゃれを気にする素敵なナースにおすすめしたいサンダル。

この3種類のなかで一番おしゃれ度が高いサンダルです。

以前のンプス型のデメリットはムレやすさでしたが、最近は素材が変わってきました。

表面の人工皮革により、通気性と吸湿性を確保し中をムレにくくしています。

また、内側に速乾性と制菌性のある素材を使用して臭いも防いでいます。

これなら、パンプスの中がムレないで仕事に集中できますよね!

スニーカー型

最近はスニーカー型がとても人気です。

立ちっぱなしで疲れやすく、むくみやすい方でしたら靴底にEVA素材の印字があるものがおすすめです。

ゴム製のものよりも軽くてクッション性があるため、足に負担がかかりません。

しかし、EVA素材はゴム製よりも滑りやすいというデメリットもあります。

一方でゴム製は滑りにくくて安定感があるので、走ることが多い職場で力を発揮します。

ただゴム製は歩く時に音が出やすいので、夜勤が多い方は避けたほうがいいかもしれません。

職場の環境やどちらを優先にしたいかによって、素材選びのポイントが変わってきます。

そして、スーカー型の場合もムレやすいのが特徴ですが、最近はメッシュ素材が出てきてデメリットを解消しています。

また、マジックタイプで調整できるものやストレッチ素材で足の甲を締め付けないようにするタイプなども出てきています。

これなら疲れが溜まりにくい構造で嬉しいですね。

やはり、サンダル型禁止の施設が多くなったことでスニーカー型の開発が進んだようです。

履いたことがない方は一度試してみるのもいいかもしれませんね!

ナースサンダルは黒と白どちらが人気?

sandals3

では色は黒と白のどちらが人気でしょうか?

結論からお伝えすると、サンダルタイプでしたら黒の方がおしゃれに見えるので黒が人気です。

ファッション性は白よりも黒の方があります。

そして安全性を考慮した上で、少し高さのあるヒールなら美脚にもなります。

もちろん、おしゃれな色は選ぶ上でポイントとなりますが、やはり職場で履くものですから機能性を大事にする方がいいかもしれませんね。

部署によっては過酷な現場ですから、まずは疲れにくい素材であること

そして脱ぎ履きが楽であることの2点が重要なのではないでしょうか。

この2点がある上で色を選択して自分に合うものを選ぶのが一番いいでしょう。


Sponsored Links