PS4の不具合まとめ!その原因と対処法とは。

PS4の不具合まとめ!その原因と対処法とは。

どんな製品でも突然の不具合は避けられないものです。

それはPS4も例外ではなく、丁寧に扱っていているつもりでも使用環境が悪かったり、衝撃を与えたりすると正常に動作しなくなる可能性があります。

今回は、PS4の不具合をまとめていきます。


Sponsored Links

PS4の不具合(トラブル)と対処法

ps4-bug1 

現在、ソニーが把握しているPS4におけるエラー等の症状について、カテゴリ別にご紹介していきたいと思います。

電源・フリーズについて

電源・フリーズについて

  1. 起動できない、電源が入らない
  2. PS4がスタンバイモードから復帰できな」
  3. PS4の電源が勝手に落ちる
1.起動できない、電源が入らない

まず、電源ランプが「青色に点滅」「白色に点灯」「オレンジ色に点灯」「光らない」のいずれの症状なのか確認します。

【青色に点滅】

電源ランプが青色に点滅したまま白色に点灯しなかったり、本体起動時に「本体ストレージにアクセスできません」「PS4を始められません」「初期化できませんでした」というエラーメッセージが画面に表示された場合は、HDDにアクセスできていないことが考えられます。

もしもHDDを換装した際は正しく付け直す必要があり、換装していなければPS4本体を再起動してみてください。

【白色に点灯】

テレビ画面に映像が映らない場合は、PS4本体に同梱されていない別のHDMIケーブルで起動できるか試してみてください。

【オレンジ色に点灯】

本体の電源ボタンを20秒以上(電源ランプが消えるまで)長押しし、PS4を強制終了して電源を落としてみてください。

再び電源を入れると、正しく起動できる場合と「セーフモード」に移行する場合があり、「セーフモード」に移行した際は、「1.PS4を再起動する」を選択してください。

【電源ランプが光らない】

電源ケーブルを抜き差しして正しくささっているか確認してから、本体の再起動を試してみてください。

2.PS4がスタンバイモードから復帰できない

まず、電源ボタンを20秒以上(電源ランプが消えるまで)長押しし、PS4を強制的に電源を落とします。

強制終了したあとに再度電源を入れると、正常に起動できる場合と「セーフモード」に移行する場合があるので、「セーフモード」に移行した時は「1.PS4を再起動する」を選択してください。

この際、PS4システムソフトウェアが最新バージョンではない場合、システムソフトウェアのアップデートもあわせて試してみてください。

3.PS4の電源が勝手に落ちる

電源が突然勝手に落ちる場合、または「PS4の電源が適切に切られませんでした。」と表示される場合は以下の方法を試すと改善するかもしれません。

・電源が切れていることを確認してから、電源コードを抜き差ししてみてください。

・再起動する際、PS4本体に熱がこもっていると正常に再起動できないことがありますので、時間をおいてから再度再起動を試してみてください。

もし起動できない場合は、いったん「セーフモード」で起動し、「1.PS4を再起動する」を選択してセーフモードでの起動を試してみてください。

・延長コードにPS4の電源ケーブルを差している場合は、直接壁のコンセントに電源ケーブルを接続して再起動できるか試してみてください。

映像/音声について

1.画面が表示されない

【電源ランプが白色に点灯していない場合】

PS4が正常に起動できていないため、「本体の再起動」または「セーフモード」からの起動を試してみてください。

【電源ランプが白色に点灯している場合】

同梱以外のHDMIケーブルで接続してみて、もし改善したらHDMIケーブル自体に問題がある可能性が高いです。

2つ目の確認として、ほかのディスプレイまたはテレビに接続してみて、改善すればテレビの出力設定やディスプレイ側に問題がある可能性が高いです。

3つ目は、「セーフモード」が表示できる場合は「2.解像度を変更する」を選択し、改善した場合はテレビの解像度が合っていない可能性が高いです。

ディスクについて

  1. PS4からディスクが取り出せない
  2. PS4起動中にディスクが勝手に出てくる
1.PS4からディスクが取り出せない(CUH-7000 シリーズ)

PS4本体の電源を切って電源ランプが点灯していないことを確認したら、電源コードのプラグをコンセントから抜きます。

次に、PS4本体の裏側にある穴にドライバーを差し込んで反時計回りにまわせば、手動でディスクを取り出すことができます。

2.PS4起動中にディスクが勝手に出てくる

PS4のイジェクトボタンを触っていないのにディスクが勝手に出てきてしまう場合、本体部品の不具合が考えられますので「オンライン修理受付サービス」よりアフターサービスを申し込む必要があります。

PS4の「セーフモード」ってなに?

ps4-bug3

セーフモードとは、PS4を必要最低限の機能だけで起動するモードのことで、PS4が正常に起動しなくなった場合は、セーフモードからファイルシステムの修復や初期化をすることで、症状を改善できる場合があります。

以下のような症状が現れた時は、セーフモードの実行をオススメします。

1.PS4起動時にホーム画面が表示されない。

2.PS3起動時に「本体ストレージにアクセスできません」「PS4を始められません」「初期化できませんでした」といったエラーメッセージが表示されて、起動できない。

3.PS4システムソフトウェアのアップデートが正常に終わらない。

なお「セーフモード」では、「PS4の再起動」「解像度の変更」「システムソフトウェアのアップデート」「設定の初期化」「データベースの再構築」「PS4の初期化」などができます。


Sponsored Links

PS4をバックアップ・復元する方法とは

ps4-bug2

万が一のために、普段からPS4の内蔵HDDデータのバックアップをとっておくと安心です。

バックアップ方法としては、十分な容量を持つUSBストレージ機器(外付けHDD)を準備し、FAT32またはexFAT形式でフォーマットします。

次にPS4とUSBストレージ機器を接続して、「設定」→「システム」→「バックアップ/復元」のメニューから「PS4をバックアップする」を選択します。

画面の指示に従って進み、「バックアップする」を選択すると内蔵HDDのバックアップが開始され、完了するとPS4が再起動して終了となります。

復元するには、バックアップデータが保存されているUSBストレージ機器をPS4に接続し、「設定」→「システム」→「バックアップ/復元」のメニューから「PS4を復元する」を選択します。

次に、復元するバックアップデータを選択して画面の指示に従って進むと、バックアップの復元が開始されます。


Sponsored Links
CATEGORY :