「時代の進化に送れるな!」 2017年最新【年賀状】事情!

PS4とPS4 Proの違いを徹底比較。4K対応のハイスペックでこの価格は安すぎる!?

PS4とPS4 Proの違いを徹底比較。4K対応のハイスペックでこの価格は安すぎる!?

ニューヨークで開催されたPlayStation Meeting 2016にて、PlayStation4(CUH-2000)が発表されました。

通称スリムと言われており、発売日は9月15日です。

また、直ぐ後にはPlayStation4 Pro(CUH-7000)が控えており、発売日は11月10日になります。

それでは、PlayStation4(スリム)とPlayStation4 Proのスペックの違いなどを徹底的に比較していきます。

また現行モデルのPlayStation4(CUH-1200)とも比べていきます。


Sponsored Links

PS4 ProとPS4(スリム)とPS4(現行モデル) のスペック

ps4-pro-difference1

発売日

  • PS4 Pro : 2016年11月10日(木)
  • PS4(スリム) : 2016年9月15日(木)
  • PS4(現行) : 2015年6月24日

カラー

  • PS4 Pro : ジェットブラック
  • PS4(スリム) : ジェットブラック
  • PS4(現行) : ジェットブラック

型番

  • PS4 Pro : CUH-7000シリーズ
  • PS4(スリム) : CUH-2000シリーズ
  • PS4(現行) : CUH-1200シリーズ

メインプロセッサー

CPU

  • PS4 Pro : x86-64 AMD “Jaguar”, 8cores
  • PS4(スリム) : x86-64 AMD “Jaguar”, 8cores
  • PS4(現行) : x86-64 AMD “Jaguar”, 8cores

GPU

  • PS4 Pro : 4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine
  • PS4(スリム) : 1.84 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine
  • PS4(現行) : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine

メモリ

  • PS4 Pro : GDDR5 8GB
  • PS4(スリム) : GDDR5 8GB
  • PS4(現行) : GDDR5 8GB

ハードディスク

  • PS4 Pro : 1TB
  • PS4(スリム) : 500GB / 1TB
  • PS4(現行) : 500GB / 1TB

サイズ

  • PS4 Pro : 295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)※最大突起は含みません
  • PS4(スリム) : 265mm×39mm×288mm(幅×高さ×奥行き)※最大突起は含みません
  • PS4(現行) : 275mm×53mm×305mm(幅×高さ×奥行き)※最大突起は含みません

消費電力

  • PS4 Pro : 最大310W
  • PS4(スリム) : 最大165W
  • PS4(現行) : 最大250W

重さ

  • PS4 Pro : 3.3kg
  • PS4(スリム) : 2.1kg
  • PS4(現行) : 2.5kg

光学ドライブ(読み出し専用)

  • PS4 Pro : BD 6倍速CAV / DVD 8倍速CAV
  • PS4(スリム) : BD 6倍速CAV / DVD 8倍速CAV
  • PS4(現行) : BD 6倍速CAV / DVD 8倍速CAV

入出力

  • PS4 Pro : Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1) ポート×3 / AUXポート×1
  • PS4(スリム) : Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1) ポート×2 / AUXポート×1
  • PS4(現行) : Super-Speed USB (USB 3.0) ポート×2 / AUXポート×1

通信

  • PS4 Pro : Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T) / IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
    Bluetooth® 4.0(LE)
  • PS4(スリム) : Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T) / IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
    Bluetooth® 4.0(LE)
  • PS4(現行) : Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T) / IEEE 802.11 a/b/g/n
    Bluetooth® 2.1(EDR)

電源

  • PS4 Pro : AC 100-240V, 50/60Hz
  • PS4(スリム) : AC 100-240V, 50/60Hz
  • PS4(現行) : AC 100-240V, 50/60Hz

動作環境温度

  • PS4 Pro : 5℃~35℃
  • PS4(スリム) : 5℃~35℃
  • PS4(現行) : 5℃~35℃

AV出力

  • PS4 Pro : HDMI®出力端子(4K/HDR出力対応) / 光デジタル出力端子
  • PS4(スリム) : HDMI®出力端子(4K/HDR出力非対応)
  • PS4(現行) : HDMI®出力端子 / 光デジタル出力端子

Wifi

  • PS4 Pro : IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
  • PS4(スリム) : IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
  • PS4(現行) : IEEE 802.11 b/g/n

価格

  • PS4 Pro : 44,980円(税抜)
  • PS4(スリム) : HDD500GBモデル:29,980円(税別)/ HDD1TBモデル:34,980円(税別)
  • PS4(現行) : HDD500GBモデル:34,980円(税別)/   HDD1TB:39,980円(税別)

Sponsored Links

PS4 ProとPS4(スリム)とPS4(現行モデル)を比較

ps4-pro-difference3

まずは、現行モデルとスリムを比較していきます。

PS4(スリム)とPS4(現行モデル)の比較

スリムと言うだけあり、本体の大きさが薄くなり、重さも軽くなりました。

現行モデルの初代の重さは2.8kgでしたので、それから比べると25%も軽くなっています。

またハードディスクの容量も大きくなりました。

さらには消費電力が250Wから165Wに減り、電気代もお値打ちになりますね。

Wifiに関しては、802.11 acに対応

これらの性能が向上しているのに、価格が安くなっているのでお買い得なのは間違えありませんね。

次は、もうすぐ発売されるPS4 ProとPS4(スリム)を比較していきます。

PS4 ProとPS4(スリム)の比較

PS4 Proは解像度が高くなったことにより4kに対応しました。

PS4 Proは初めからHDRに対応しているのに対し、PS4(スリム)は今後のアップデートにより対応していきます。

PS4 Proは光デジタル出力がありますが、PS4(スリム)は光デジタル出力がありません。

CPU性能が約1.3倍、GPU性能が2.3倍になりました。

その反面、重さがPS4(スリム)は2.1kgに対し、PS4 Proは3.3kgもあります。

これは、現行モデルの初代より500gも増量しています。

また、本体の大きさもPS4(スリム)より20~40mmも大きくなっています。

そのため、設置スペースに収まるか確認したほうがいいでしょう。

価格はPS4(スリム)の1TBより1万円高くなっています。

PS4 Proだけの利点とは

ps4-pro-difference4

最大の魅力は4Kテレビ対応になったことにより、カクカクしなくなり、1080pのディスプレイに接続した際は、フレームレートや解像度が増えて滑らかに動作することでしょう。

4Kテレビを持っていなくてもPS4 Proの恩恵は得られるのでご安心を。

4Kテレビとは・・・

4Kテレビとは、フルハイビジョンの4倍のきめ細かさで表現できる高画質テレビのことです。

表示パネルの横(水平方向)の画素数が3840。

1000画素が1K(キロ)という単位で表されるため、3840は約4000になるので、4Kテレビと呼ばれています。

また、縦(垂直方向)の画素数は2160あるので、4K2Kテレビとも呼ばれています。

水平(3840)×垂直(2160)で全画素数は829万4400になります。

フルハイビジョンテレビ画素数は、水平(1920)×垂直(1000)で全画素数は207万3600になります。

すなわち、4Kテレビはフルハイビジョンテレビの4倍の解像度になります。

また、テレビは大画面になればなるほど1画素あたりの面積が大きくなります。

それにより、画素の粗さが目立ちぎみでした。

その問題を解決したのが4Kテレビでした。

よって、大画面で見ても画素が粗くありません。

料金はかかりますが、高画質を大画面で楽しむなら4Kテレビがおすすめです。

またHDRに対応したので、明るさの幅を増やすことによって、より現実世界に近い明暗を表現できるようになります。

さらには、VR時にフレームレートが向上。

PS4 ProとPS4(スリム)の選び方

PS4はソフトが共通のため、PS4 ProでもPS4(スリム)でも現行モデルでも遊ぶことができます。

その中で重視するものが、画質や滑らかさであるならPS4 Pro。

値段やコンパクトさを重視するならPS4(スリム)。

値段のみを重視するなら、現行モデルの中古がお値打ちになり始めるのでいいのではと思います。

どちらでもいい方は、PS4 ProとPS4(スリム)はスペックが大幅に違います。

そのため、今後の展開も踏まえてPS4 Proをおすすめします。


Sponsored Links
CATEGORY :