サブイボマスクのあらすじ(ネタバレあり)と主題歌を紹介。ロケ地は大分県の中津市!

サブイボマスクのあらすじ(ネタバレあり)と主題歌を紹介。ロケ地は大分県の中津市!

ファンキー加藤が初主演するサブイボマスクが2016年6月11日より公開スタート!

ロケ地は大分県の中津市で、過疎化した町に活気を取り戻すためにファンキー加藤演じる春雄が亡き父と交わした言葉を胸に熱く魂のこもった「1人ライブ」を日々繰り返し、最終的には…。

今回役者として初主演となるファンキー加藤さんの演技がはまり役なので注目してください。

またキャストが豪華で個性派揃いなので笑いもたっぷり。

それではあらすじと主題歌、キャストを紹介していきます。

サブイボマスクのあらすじ(ネタバレあり)!

sabuibomasuku-synopsis2

若者たちは田舎の地元を離れ都会に行き、残された者は働く場所もない。

商店街は、巨な大ショッピングモールに客を奪われ、閑古鳥が鳴くしまつ。

このままではダム底に沈みかねない状況で、これが今の日本のシャッター商店街を表す姿である。

また熱血青年団員の春雄(ファンキー加藤)は、商店街の人々に育てられ、そんな地元になくした元気を取り戻そうと孤軍奮闘の日々を送る物語。。

春雄は覆面レスラーだった父の形見のマスクをかぶり、ミカン箱に上りマメカラを片手に持ち1人ライブを始めた。

ミカン箱の前にはお爺さんやお婆さん、また幼馴染で自閉症の権助(小池徹平)の姿しか…。

元カノで出戻りシングルマザーの雪(平愛梨)にも呆れられて、「ウザイ、サムイ、空気ヨメナイ」と罵倒。

そう言われても諦めない春雄の胸には、幼い頃に覆面レスラーで町のヒーローだった父と交わした2人だけの約束があった。

「笑えば明日がやってくる」と「感動の鳥肌は最強」である。

ある日春雄は亡き父親の形見のマスクをかぶって歌うことを思い付いた。

その名は「サブイボマスク」。

感動で「心のトリハダ」を呼び覚ます謎のシンガー。

サブイボマスクの暑苦しくストレートな歌とまっすぐな歌詞に、最初は躊躇した商店街の人たちだったが、少しずつやる気を取り戻し始めた。

そして元カノの雪が何気なく投稿したサブイボマスクのライブ動画は、春雄たちの予想をはるかに超え、すこい勢いで閲覧されシェアされていった。

その結果、「サブイボ超笑える」「歌詞がウザイ」「なぜかちょっと可愛い」など、静まり返っていた商店街は、サブイボ見たさのにわかファンで大混乱。

春雄のウザく暑苦しい演奏に見る人すべてが最初は敬遠していたが、そのストレートな気持ちが敬遠していた人にも伝わり、その輪が大きくなりやがてSNS経由で爆発し人気を集めた。

人気者になった春雄が最終的にとった行動とは…。


Sponsored Links


サブイボマスクの主題歌をファンキー加藤が担当

ファンキー加藤が制作したサブイボマスクの主題歌はブラザー

ファンキー加藤は、現場での経験とか感じたことを楽曲に落とし込みたかったから撮影終了後に作りたかったと言うだけあり、いつもみたいに作詞に困ることなくすっと詩がでてきたそうです。

その理由は、テーマも明確で曲調も詞の世界観も身をもって体験したのと、みんなのパワーをもらったのも大きかった。

またFUNKY MONKEY BABYSを解散してから苦悩した時期もあったが、それらの経験と今回の俳優初主演の経験がリンクしていい曲ができたのでしょう。

今後、歌手だけではなく、俳優としてのファンキー加藤も注目したいですね。

ロケ地は大分県の中津市で撮影

sabuibomasuku-synopsis4

タイトルにもロケ地の場所をかいてますが、ロケ地は大分県の中津市です。

中津市は大分県の北西に位置し、県内でも人口が3番目に多い都市です。

また城下町で、青の洞門や福澤諭吉旧居、また中津城などの文化財や歴史的建造物がある観光都市です。

「大分県 中津市」で調べたところ、トップキーワードに「カレー」がでてきました。

特産品や有名店があるわけでもないのに、なぜカレーなのかが不明です。

ですがキーワードに表示されてるので美味しいカレー屋さんがありそうで、今回のキャストの人たちも食べに行ってそうですね。


Sponsored Links


個性派揃いの豪華キャストを紹介!

・春雄(ファンキー加藤):自称コンビニ店員だが、町を救う謎の熱血シンガーのサブイボマスク。ウザいくらい熱い性格だが、それがみんなの心をくすぐる。

・権助(小池徹平):ピュアな心を持つ地元のエンジェルボーイ。春雄の相棒で自閉症を患っている。小池徹平の演技力が凄い。

・雪(平愛梨):負けず嫌いな出戻りシングルマザーで次期町長に?元モデルで春雄の元カノ。

・虎二(温水洋一):ブティック経営しており、8種類のカツラを使いこなしている。

・みつわ(斉木しげる):肉屋は廃業寸前。だがB級グルメのマエストロ。

・早苗(いとうあさこ):失業中のやさぐれ三十路母。口癖はファ★ク・ユー!

・佐吉(小林龍二):一人暴走族ヘッドで盗んだバイクで走りたいお年頃なんだとか。

・大蔵(泉谷しげる):町長なのに悪態上等。顔は怖いが根は優しい町の守護神。

・監督:門馬直人

・脚本:一雫ライオン

個性が強すぎて笑いのセンスも一流の面々だけに笑いすぎに注意です!

サブイボマスクが「人おこし」に全力投球

お茶目なキャラクターと迫力ある実写を見事にミックスさせた。

またじわじわと笑いがこみ上げてくる独特のユーモアと、胸が熱くなるメッセージで観る人の心にサブイボを届ける。。

歌と笑いで日本の現実を見つめさせてくれる新たな問題作が登場。

その主演を演じたのがファンキー加藤で、現実の歌手としても熱く胸に響く歌を届けているが、映画内でも熱い男を演じている。

また過疎化したことにより、閑古鳥がないているシャッター商店街に希望を与え、町おこしならぬ人おこしで住民の心に灯を灯す。

その結果…。

サブイボマスクは2016年6月11日に公開スタート!

ファンキー加藤の熱い演技と歌を聞きに劇場に足を運びましょう。


Sponsored Links

CATEGORY :