「時代の進化に送れるな!」 2017年最新【年賀状】事情!

スノーボードの板でレディースにおすすめの選び方を紹介。

スノーボードの板でレディースにおすすめの選び方を紹介。

夏から秋にかけて少しずつ涼しくなっていますね。

日本には、はっきりとした四季があるので、シーズンごとに過ごし方が変わります。

四季がない国もあるわけですから、日本のようにシーズンごとに色々な遊びやスポーツにチャレンジできることは大変恵まれていると思います。

当たり前だと思うのではなく、この環境に感謝ですね。

これから少しずつ冬シーズンに向けて寒くなっていきます。

冬の代表的なスポーツと言えば、スノーボードやスキーがありますね。

特にスノーボードは、人気があるスポーツです。

雪上を華麗に滑る姿や、おしゃれでかっこいいテクニックに憧れて始める人も多くいます。

スノーボードを新しく始める人は、特に女性が多い傾向にあるようです。

これは、女性だけでも楽しめるプランが増えてきていることや、スノボー女子のファッションがカワイイといった理由があると思います。

ゲレンデマジックという言葉があるくらいですからね。

今回は、これからスノーボードを始める人や、本格的にスノーボードを始めたい女性のために、板の選び方について紹介します。


Sponsored Links

自分がどのようなスノーボードのスタイルを目指すのか決める!!

snowboard-women

いきなり、自分のスタイルを決めると言われても難しいですよね。

しかし、板を購入するのであれば、まずは自分のスタイルを決めることが大切です。

目指しているスタイルと板が合わなければ、上達が難しくなってしまいます。

まずは、次に紹介するスノーボードのスタイルの中から自分のスタイルを決めてください。

<フリーランディング>

ゲレンデ内を自由に滑るスノーボードのベースになるスタイルです。

スノーボードが初めての人にオススメのスタイルになります。

フリーランディングである程度滑ってみてスノーボードに慣れてください。

もし、自分が気に入ったスタイルが見つかったら、その時にその道に進むのがよいと思います。

<フリースタイル>

パーク内で自由に滑ってトリックを決めていくスタイルです。

フリースタイルで使用されるのは、キッカーやハーフパイプ、クォーターパイプといったものがあります。

空中でのトリックや、トリックコンボを磨き、魅せたい人にオススメです。

フリースタイルでの華麗なトリックに魅力を感じてスノーボードを始める人も多いです。

後述のグランドトリックやジビングも広義のフリースタイルに含まれます。

<エクストリーム>

ゲレンデ内ではなく、バックカントリー(自然の雪山)で滑るスタイルです。

リフトがない自然の雪山を自分の足で登頂しますので、山頂にたどり着いた時は何とも言えない達成感があります。

自然の雪山は様々な地形でてきています。

まるでハーフパイプのような地形やクリフを飛んでトリックを決めたり、折れた木をハンドレールのように滑ってみたり。

常に遭難や怪我などの危険と隣り合わせで、上級者のスノーボーディングと言えます。

<アルペン>

競技性が高いスタイルで、スピード感を楽しめるのがアルペンの魅力です。

ハーフパイプに比べるとやや見た目の派手さに欠けます。

しかし、昔からの根強いファンがいるスタイルです。

選手2人が並行して設定されたコースを同時にすべり競い合います。

大会では、左右同じ配置の旗門が並べられたコースを1回ずつ滑ります。

<スノーボードクロス>

フリースタイルとアルペンの両方の要素を合わせたスタイルです。

フリースタイラーとアルペンレーサーが同じフィールドで楽しめる競技できないか?ということがきっかけで誕生した競技です。

大会では、複数人が同時に同じコースを滑走して着順を競い合うため、接触や転倒が多く、雪上のモトクロスとも呼ばれています。

さまざまな複雑なコースを滑走するので、スピードとボードコントロールが重要です。

<グランドトリック(グラトリ)>

斜度の緩い平らな場所で、様々なトリックを繰り返すスタイルです。

グラトリでは、飛ぶ、回るといった複数のアクションを繋げていくので、そのバリエーションはプレイする人次第で無限にあります。

フリースタイルと違うところは、パーク内での限定したトリックではなく、場所を選ばずに自由にできる点です。

場所や天候を選ばずにプレイできるので、人気のスタイルの一つになっています。

今回、フリースタイルと分けて解説していますが、広義のフリースタイルの一種という考え方もできます。

グラトリに魅了されてスノーボードを始めてみてはいかがでしょうか?

<ジビング(ジブ)>

切り株に当て込んだり、クラシックカーをコスったり、リゾート内のハンドレールをスライドする。

こういった自由すぎる発想から創造されたスタイルになります。

レールと呼ばれる細めの棒の上や、ボックスと呼ばれる長方形の箱の上を滑ります。

グラトリでトリックを磨いてから挑戦するとよいでしょう。


Sponsored Links

自分のスタイルに合った板を選ぼう!!

snowboard-women2

先ほどスノーボードのスタイルを決めたので、今度はそのスタイルに合ったボードを選んでいきます。

真横からみた板の形状を選ぶ。

<フリーランディングにオススメの板>

  • キャンパーボード
  • ダブルロッカーボード
  • フラットボード

<フリースタイルにオススメの板>

  • キャンパーボード
  • ダブルロッカーボード

<エクストリームにオススメの板>

  • スワローテールボード
  • パウダーロッカーボード

<アルペンにオススメの板>

  • アルペンボード
  • キャンパーボード

<スノーボードクロスにオススメの板>

  • キャンパーボード
  • ダブルロッカーボード

<グランドトリック、ジビングにオススメの板>

  • フラットボード
  • ロッカーボード
  • フラットロッカーボード

真上からみた板の形状を選ぶ。

スノーボード板を真上から見たときにも形状の違いがあります。

大きく2種類のうちどちらかから選びます。

<ツインチップ>

ツインチップは、真上から見てノーズとテールの形と長さが対称の板のことをいいます。

レギュラーとグーフィーを同じ割合で同じように滑る人に適した形状です。

フリーランディング、グランドトリック、フリースタイルを目指す人は、必ずこちらの形状にしましょう。

<ディレクショナルツイン>

ディレクショナルツインは、真上から見てテールよりノーズの方が長く、重心がテール側になるような形状です。

ツインチップとは違ってレギュラーとグーフィーのスイッチはしません。

エクストリームやアルペン、スノーボードクロスをといった安定性やスピードを求める人におすすめします。

個人の体型や技術に合った板を選ぶ。

snowboard-women3

ここまでの流れで自分のスタイル合った板を決定しました。

つぎは、各個人の体型や技術に合った板の選び方を紹介します。

自分に最適な板の長さを選ぶ。

自分にとって最適なスノーボードの長さは、身長によって変わります

  • 175cm以上の人は、身長-約20cmの長さ
  • 160〜175cmの人は、身長-約15cmの長さ
  • 160cm以下の人は、身長-約10cmの長さ

本来、板の長さを選ぶ時には体重も関係しますが、極端に太っている人以外は身長だけで選んで問題ありません。

体重を考慮に入れる場合は、体重が重くなるほど長いものを、軽くなるほど短いものを選びます。

板が長いと高速滑走中の安定感が増しますが、扱いづらくなります。

逆に、板が短いと高速滑走中の安定感がなくなりますが、扱いやすくなります。

初心者であれば、いきなり高速滑走をすることはないので、安定性よりも扱いやすさを重視して通常よりも短いスノーボードを選択するとよいです。

自分に最適な板の固さを選ぶ。

板の固さには、フレックスとトーションの2種類があります。

フレックスはスノーボードがしなる方向の固さです。
トーションは、スノーボードがねじれる方向への固さです。

通常の板は、フレックスが固い場合はトーションも固く、フレックスが柔らかい場合はトーションも柔らかいです。

フレックスとトーションが固ければ高速滑走中の安定感が増しますが、扱いづらくなります。

逆に柔らかいと高速滑走中の安定感が減りますが、扱いやすくなります。

初心者であれば、いきなり高速滑走をすることはないので、安定性よりも扱いやすさを重視して通常よりも柔らかいスノーボードを選択するとよいです。

自分に最適な板の幅を選ぶ。

スノーボードの幅は、ウェスト幅とサイドカーブの大きさで決まります。

しかし、一般的にスノーボードの幅というと、ウェスト幅を指すことがほとんどです。

幅が細い板は、スピードが出やすくターンに切れ味が出るので、アルペンやスノーボードクロスといった競技にオススメです。

一方、幅が広い板は、安定感のあるライディングができるので、グランドトリックやジビングスタイルなどのパークにオススメです。

初心者は、中くらいの幅を選択するとよいです。

レディースのオススメのスノーボード3大ブランドの紹介!!

snowboard-women4

スノーボードのブランドは、数多くありますが、レディースに限ってみればメンズに比べて少ないのが現状です。

各ブランドからレディースの板は販売していますが、メンズほど種類は多くありません。

実際に、メンズ向けのものをレディースが使用しても問題ないことも多いです。

しかし、メンズのものとレディースでは板の固さなど性質が違う部分がありますので、できればレディースの板から選んだほうがよいです。

今回はレディースのブランドを3つ紹介します。

<ROXY(ロキシー)>

レディースに特化したブランドです。

ガールズボーダーのために、設計されたソフトフレックスさが特徴です。

乗りやすさを考えて、女性らしいカラフルな色使いをしています。

<SABRINA(サブリナ)>

日本生まれのレディースブランド。

日本女性の脚力や体格に合わせた板が特徴です。

海外ブランドの製品だとレディース向けでも合わない人がいますが、サブリナの板であれば問題ないです。

<SALOMON(サロモン)>

スキーのブランドとして有名ですが、最近ではスノボーでもよく見かけます。

レディース向けに毎シーズン10種類程度の板をリリースしています。

レディースのほかの製品も全て開発しています。

ここまでレディース向けの製品の種類が豊富なブランドは他にありません。

【結局のところ何を選んだらいいのか?】

これまで、板選びの流れについて紹介してきましたが、初心者の人には難しかったかもしれません。

もし、これから初めてスノーボード買うのであれば、こだわり過ぎてしまっては答えがでません。

ですので、始めはベーシックで扱いやすいスノーボードを選択しましょう。

もし、すでにスノーボードを楽しんでいる人で新しく板の購入を考えている人は、今使っている板を基準にしながら、この記事を参考にして選んでみてください。

素晴らしい板に出会えると思います。


Sponsored Links
CATEGORY :