TONE(トーン)スマホでLINEの使い方を紹介。箱に置くだけでM15の不具合が解決!

TONE(トーン)スマホでLINEの使い方を紹介。箱に置くだけでM15の不具合が解決!

TSUTAYAから「TONE(トーン)」という名の常識破りのスマホが発売されました。

月々の基本料が驚愕の1000円。

オプションを付けることで値段は高くなるが、それでも平均2000円程度。

この価格なので、お子さんやお年寄りの方に人気があります。

またスマホ所有者でほとんどの方がLINEを登録していると思います。

しかしTONEの場合、LINEを登録しようとしてもできません。

それではTONEではLINEが本当に登録できないのか調査してみました。


Sponsored Links


TONE(トーン)スマホでLINEの使い方


tone-sumaho1

データ通信用のSIMは、「090」「080」といった携帯電話の電話番号を持てません。

LINEは電話番号に紐付けられるアプリのため、LINEを使うには電話番号が必要になります。

しかし条件付きで電話番号がなくても、LINEのアカウントIDを取得することができます。

1つ目の方法は、データ通信SIMにSMS機能を追加することです。

SIMカードに簡易的なメッセージ機能(月額120円~150円程度)を追加します。

これでSMSの発信番号を使いLINEに新規登録できます。

2つ目の方法は、Facebookのアカウントを使います。

LINEは、Facebookアカウントと連携させて登録することができます。

Facebookのアカウントはメールアドレスさえあれば取得することができます。

しかしLINEのIDを取得するには、Facebookで数人の友だちと繋がっていないといけません。

3つ目の方法は、TONEの契約時に「090」を付ける。

月々953円かかりますが、電話番号があれば他にも拡張できるのでおすすめします。

あとはLINEをインストールして、トークに通話、スタンプなども使い友達とのコミュニティに活かして下さい.

箱に置くだけでM15のネットワーク上の不具合が解決

サポート面では、化粧箱にスマホを置くと自動修復アプリが起動し、問題を解消してくれる「置くだけサポート」を用意。

NFCという近距離無線通信技術のタグが内蔵されていて、箱にTONEを置くと自動的に修復アプリが起動します。

データ通信やネットワークアクセス、またアカウント設定に不備がないかということを検知し、不具合がある場合のみ修復してくれます。

問題が解決しない場合は、コールセンターの電話番号が画面に表示され、その表示された番号に電話をかけて、オペレーターに相談できる。

同機能はTONE(m15)のみの機能だが、別機種ではアプリを使うことで、同様のサポートを利用できます。

置くだけサポートを思いついた理由は、ネットワーク関連のお問い合わせが多かったから、もっと簡単に解決できる方法はないかと考えた結果、置くだけサポートにたどり着きました。


Sponsored Links


TONE(M15)のスペック一覧

本体価格:29,800
OS:Android 5.1
プロセッサ:Media Tek MT6735 64bit、 1.3GHz、クアッドコア
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
ディスプレイ:5.5インチ(1280×720)
通信規制規格:LTE, GSM, W-CDMA
カメラ:1300万画素(メイン)、500万画素
バッテリー:3,000Ah
サイズ:147.9×74.5×8.6mm
重さ:165g
SIMサイズ:nanoSIM

パケット使い放題+通話基本料=月額 ¥1,000

【オプション】

090音声オプション:¥953
高速チケットオプション:¥300/1GB
SMSオプション:¥100
フラットパックオプション:¥500
安心オプション:¥500
TONEファミリーオプション:¥0

090音声オプション

基本プランの050のIP電話サービスに加えて、「090」「080」「070」での通話を利用できます。

またMNP(携帯電話番号ポータビリティ)の利用も可能です。

国際電話と転送オプションの利用は無料。

留守番電話サービスは月額350円。

キャッチホンのサービスは月額250円。

高速チケットオプション

動画を快適に視聴できるサービス。

通常は500~600Kbpsの通信速度でコスト削減をしているが、動画視聴時には高速チケットオプションを利用する仕組み。

動画視聴はwifi接続時にも楽しめます。

SMSオプション

「090」「080」「070」の電話番号同市でメッセージ交換ができるオプションサービス。

LINEやFacebook、Twitterなどを利用できます。

TONE利用開始後に追加で申し込む場合はSIM交換が必要になります。

フラットパックオプション

毎日の通話が1分以上、また動画を快適に視聴したい方のためのオプションサービス。

通話トータル1260円相当と動画視聴トータル300円をセットにたサービス。

安心オプション

万が一スマホが破損した時や盗難された時のスマホ保険。

また全国63,000ヵ所でwifiが利用できます。

TONEファミリーオプション

家族の利用状況を知りたい方のオプションサービス。

また位置確認ができるため、子供やお年寄りに向けた安心安全のサービスです。

TONEの基本料金プランは一つだけです。

その理由は、一つだけのシンプルなプランだけでもスマホライフを満喫できるのと、料金プランを選ぶ時の煩わしさを排除したいから。

月額1,000円でパケット使い放題かつIP電話を利用する基本料込みの料金です。

またTSUTAYAのキャンペーンもあったり、Tポイントも貯まったりといいことづくしです。


Sponsored Links

CATEGORY :